FC2ブログ
松文館わいせつコミック裁判 <大人免許>
2005 / 06 / 16 ( Thu )
ここ
ちょうどついさっき知ったのだが、
露骨な性描写の漫画を売ったということで
「わいせつ図画頒布罪」で罪に問われ、
裁判沙汰になったというニュースを知った。
「松文館わいせつコミック裁判」というそうな。
(名称はいろいろつけられ方があるのかもしれない)

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/9018/faq.html
http://www.michishuppan.com/publication/nonfiction/4-86086-011-X.html

裁判の論点はいろいろあるので
それは追っておくとして、
一般の販売メディアとそれの意識の境界(犯罪は(を)しては
いけないという意識の垣根)が
意識も自制も虚ろになりつつある世の中、
規制ばかり強くするのもなんですが、
正直今の世の中「大人免許」でも
発行しないといけないという
状態になるのかもしれない。
(「世にも奇妙な物語」でもそんな話の回があった)

つまり、
一般的な通俗の常識・良識を兼ね備えた
一個の人間となるためにはある特定に
儀式試験を通過しないと、
いわゆる「大人」と認められない
というもの。

まあ規制や対象はされるものは
就労、納税義務、婚姻およびそれらに
かかわる行為ぐらいろうか。
エッチも入るかも。
(例えば、通俗として生殖行為=子供を養わな
ければいけなくなるための発生義務に該当・・・とか)

つまり
「体は大人でも、免許ないとエッチしたら逮捕」
ということになるかも。(無茶な言いがかりのようだ)

冗談のようですが
「言わなくてもわかるだろ」ということが
「言わなきゃわからんのか」とか
「(あえて)決まってないから」と
いう出す人がちょこちょこ聞くため
口で言っても聞かぬなら
まあ仕方がないかと。

(これ書いてて、島本和彦の漫画で出てくる
「じゃあ先生が死ねといったら死ぬんだな!?」
という台詞を思い出した)



まあ当然ならないけれど、
「大人免許」というと仰々しそうだが、
海外の国で「大人の儀式」として
バンジージャンプのように足に蔓(つる)を巻きつけて
度胸試しジャンプをしないと大人と認められないとか
そういう例もあるわけだから
そんなに特別なものでもないような気もする。
昔は日本でも15で元服を行ったわけですし。

例えば十五年後、オタクを自認している方は
今のうちに受験勉強を行っておいたほうがいいかも。

二十歳以降が受験対象年齢としても
5歳の子にいうのもなんですが。


蛇足

免許制になったら筆記試験になるのか
実技になるのか気になるところです。

試験の内容如何で結婚適齢期の方の
層が大幅に偏るかも(いわゆるアキバ系の方7割とか)


あと大人試験もあるなら老人試験もあってもいいかも。
こちらはどちらかと言うと「試験に受かれば
老人とされない」もの。
つい最近のニュースで認知症(痴呆症)の
老人を相手にリフォーム詐欺を行ったという話も
ありましたが、老人免許を取っていれば
契約の取り消しなど国家権力単位で対処できるとか。

便利そうですが堅苦しい世界になりそう。
(何かにつけて免許、免許って感じで)
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/155-c43dffd4
| ホーム |