FC2ブログ
「Winny」「Share」検出機能を持ったウイルス系対策ソフト <インストールと意志>
2006 / 06 / 01 ( Thu )
ここ[internetwatch]

従来販売していたウイルス(スパイウェア)対策ソフトを
売り出していた会社が、「Winny」「Share」の検出機能(本体)を
機能を追加搭載するらしい。
ちなみにそれによる値段追加は無いらしい。
そもそも単品で検出ソフトを無料配布していたとはいえ、
機能として大きく変わるのに料金が発生しないのは
なかなか素晴らしい。



ただこの手の問題で気になるのは、
検出機能があったところで使う人間が変化するかというと
大幅な変化は無い気がする。

個人用PCなら使う意志があったからインストールするのだろうし、
企業の管理側ならそれをインストールするよう命令するだろうが、
会社のマシンにインストールしても再インストールしたりするだろう。
毎日管理者が雇用者のPCを確認するなら別だがそんなめんどくさい・・・。

この手の話で思い出すのが
いわゆる「普通の人」との会話した時の事。
(こういう書き方は自分がオタで、かつ良い意味の
例えで使われないので嫌だが)

会話をしていて思ったのだが
その人はWinnyを使う事が
「ただでラッキー」
「使わない事の方が流行に乗り遅れている」
「知ってて当然」

という感じで、相手は当然オタな私が、
ガリガリ使うのはもちろん、
毎日変な使い方をしているという感じだった模様。
(・・・さすがにそれは失礼だろ)

気になったのは次の部分。
「流行に乗り遅れている」という観点の
論理を平気と出す意識。

P2Pソフトや店頭コピー(デジタル万引き)に対して
あまり罪悪感を持つ人はまだまだ少ないと思う。
(「品物が無くなる」「破損」といった
「奪う事の罪悪感」などが発生ため)

それならまだ可愛げもあると思うが、
「皆がやっているから」という思考が
どうにも馴染めず理解に苦しむ。
(笑っていいともの「そうですね」並に流したが)

皆がやっているからそれは正当な方法でない事は
知っているけど「皆がやっているから良いじゃん」。


アンタ、「流行」だからやっているのか?

そう思った。

例えば、もうブームもほぼ落ち着いたが、一連の「電車男ブーム」。
正味の話「電車男」の話は出会いをきっかけに頑張っていく
良い話しだと私も思うが、
あくまでもマスコミが騒いだからのブームであって、
それが無ければ「こんな話も有るんだね」程度で済んでいたと思う。
(マスコミが言わなければ、「それでもオタは
キモイよね」と言う主張も多かったと思う)


当時こぞって「アキバ発恋愛はスバラシー」と
やいやい書きまくったから、「いいわね」という話だが、
完全に消沈すれば平気でオタはキモいと臆面も無く
言うだろうと思う。

マスコミが情報を流して、良いと思えば全てが良いと思うような、
うわべだけの鵜呑みのようなブームの受け売り。

流される情報が良いか悪いかという事もあると思うが、
おかしいと思ったらそれを「人が言ったから大丈夫」ではなく、
自分の感覚や勘を信じて見るのも良いと思う。

例えば今健康ブームで食べ物でダイエットするというのが
古今から注目度が高いが、それすら人によって効果が変わったり、
その後の調べで体質や生活習慣での適・不適も存在すると
発表されたりする。

今そのときの情報は正しいかもしれないが、
時間が経過すれば幾らでもひっくり返る。

話を聞いて試すのは良いしても、
そこから先は自分の意志で選ぶ事をした方が良いと思う。



関連:
一般人のPCスキルが想定外に低い件について[日刊良スレガイド]


蛇足:
「ブームだから使っている」という責任感や主張の無さは
「働いたら負け」並みのコメントを思い出した。


今更ですが、
一般人はオタを珍獣のようにしか見ていない気がする。
なぜにそうコロコロと自分の主義を変えられる物か。

そう思った一件。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1581-0ed07400
| ホーム |