FC2ブログ
昨日は休日でした。 <そして病院へ>
2005 / 06 / 21 ( Tue )
昨日は休日でした。
いつもは治療院に行くのですが、
あまり針とかを若いうち(ヲ?)にやると
刺激が良すぎてよくないらしい。
確かにいわゆる普通の同年代は行かない
人も多いけどこの職種の人は行く率も
高いとか曖昧。
だけどなるべく体で治したいので
ちょっと今日は行くのを辞める。

その代わりに病院に行きました。
どちらにしろ病院に言って半日時間がつぶれると
いうのは避けられないのかもしれない>当方。

実は体がどこか悪いというのではないが、
耳がどうもゴロゴロ音がするのだが
どうも麺棒で取れない。
うちの親に見てもらおうとしたのだが
「病院に行ってこい」ということで行ってきました。

予約ではないので空き時間を待って、
暇なのでどうやって時間をつぶしたらいいものかと思い、
携帯で「ドリラー(ミスタードリラー)」でもやろうか
と思ったのだが病院内は携帯が禁止でした。
(通話するわけでもないが微弱な電波でも
ペースメーカーが云々というやつ。)
それはマナーとしても守らないといけないので
電源も落とすのも当然なのですが、
あまりに暇なので病院外でやろうと思ったのだが、
座る場所もないは、
人通りも多いので落ち着いてできないは、
いつ呼び出すかわからないはとまあ
当然の落ちで早々に待合席に戻りました。
(ところで、一時期言われた携帯の電波は
ペースメーカーにあまり支障はないって話は
結局どうだったんでしょう。
そもそもガセだったんでしょうか?。
一台なら?多数なら?。
もっとも院内で騒がしかったりいろいろあるなら
そういう名目で完全禁止したほうがスマートでいいのですが。)

待つこと30分強+治療室で30分ほど。
ようやく治療の番に。

私「どうもこんちわー」
医者「どうされました」
私「ああ、左耳が一ヶ月も前からゴロゴロするんですけど」
医者「はいはい、じゃ見ましょう、一応右耳から。
ところで右耳とか痛いと買ってありますか」
私「・・・とくには」

右耳異常なし、左耳・・・

医者「あー、ほっそい髪の毛が入ってますね、多分これですね」
細いピンセットを使って取り出す。
取り出すときに耳中でゴソゴソゴソッという大きな音がする。
痛いわけでもないがちょっと敏感に感じてしまう。

医者「一応鼻とかも見ときますね」
鼻とか口をのぞかれ、にちょちょっとした薬を付けられる。

医者「じゃあこれでちょっと様子を見てください」

どんな髪の毛か見てみたかったので見せてもらおうとする。
「すいません、どんなのが入ってたか見せてもらえますか?」

捨てようとしてたティッシュでくるんだ物を
看護士さんともども開く。
ごそごそ、
ごそごそ。
・・・

あまり細いんでどっかいったらしい。

私「じゃいいですよ」

で、料金支払い。
1,800円(保険付)。

「!(驚)」

何でピンセットで髪の毛取っただけで1,800円なんだ

治療費内訳
診察費 765円
手数料 111円
特定療養額 1,000円
(調整額 4円)

何だよこの「特定療養額」って!。
何に対しての行動が特定の療養なんだよ!

・・・ひょっとしたら「一応念のための鼻口の薬付け」が
それですか?
それだったらよくも分からないのに1,000円というのは
ちょっと納得できないものが。
断るべきだったのかもしれないがその状態では断りいれるのも
なかなかできないでしょ?

(そして「それじゃない」のなら、
どれが特定療養に当たるんでしょう。
もっとおかしい話)

確かに病院経営で「診察=100円」だかじゃ
やっていけないというのはわかるのですが
ちょっとそういう値段付けって問題があるのでは。

総額が700円ならまあわかるんですけど。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/173-8fa9e6be
| ホーム |