FC2ブログ
MGパーフェクトジオング製作記その6 <そして完成へ>
2006 / 07 / 09 ( Sun )
<続き>

060709mgpz051.jpg


さあラストスパート


060709mgpz052.jpg

腰部バーニア部分



060709mgpz053.jpg

ぱちぱちはめ込んでいきます。



060709mgpz054.jpg

ざっと組みあがった状態
(写真の光源が)

060709mgpz055.jpg

下腹部分



060709mgpz056.jpg

スカート内側



060709mgpz057.jpg

腰部スカートパーツ一覧



060709mgpz058.jpg

組み合わせて



060709mgpz059.jpg

(写真では見えませんが)
内側の足装着部分のパーツを組んで下半身完成



060709mgpz060.jpg

上半身も組み合わせてようやく完成。



感想はとにかくデカイ。
PGザク(パーフェクトグレード)と並べても
遜色無い大きさ。
つくり応えは十二分。

ジオングに脚があるのはちょっと不思議な感じがします。
※ジオングは脚が無い方がしっくり来るのは
ファースト世代だからかも。

何度も書きますがとにかくでかくパーツ数も多く、
指一本づつ曲がるので作っていて楽しい。
サイコミュ用の腕の台座もあったりするので
並べておくのも楽しい。


蛇足
先日初めて「MAX塗り」なる手法を知りました。
重ね塗りをする事で装甲の重圧感を出すとか。
MGのこのパーツ数に塗り分けるのは
結構大変だろうけどやったら迫力あるだろうなぁ。

それにはコンプレッサーとか塗っても
部屋が臭くならないようにいろいろそろえる必要がある。
(いろいろサイトを見かけたが、塗装には換気扇を備えて
外に出すとかいろいろやっている人も居る模様)
今はちょっと手が出ないけどいろいろ試してみたいです。
関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1898-48514147
| ホーム |