FC2ブログ
「喧嘩商売」の暴露っぷりが素敵らしい <木多先生>
2006 / 07 / 11 ( Tue )
ここ
[ゴルゴ31]

そういえば以前「編集王」で編集権と出版権という
単語が出てきました。
あの時は編集側の行き過ぎな編集を
上を盾にしてガンガンやれと言うような内容だったのですが、
このケースとは微妙に似ているようで違いますね。
適切な例なのか、逆説なのかも微妙ですが。

実は全然読んでいなかったので
そろそろ一気に読もうかなと思います。


蛇足:

個人的に暴露ネタでも笑えるギャグと
笑えないギャグがあると思います。
同じネタをやっても「受ける人」が居るのと
「受けない人」が居るのと一緒です。

個人的に暴露ネタで面白いと感じたのは
久米田先生の漫画でした。
ネタ的に濃いものもあるのですが、
ただ単にキツい事を言えば
面白いというのでは無いと思います。
(ギャグに関しては特に顕著)

「妹○○権」の濃いネタが面白いという話をネットで聞き
試しに買って読んでみたのですが、
確かにネタはすごく濃いのですが、
全体的にネタが活かしきれていないというか、
面白さに昇華しきっていないという感じが。

ただ笑いというのはツボが個人個人違うので
必ずしも好き嫌いが画一的に全てに通用する物でもないですし。
(久米田先生がどうも・・・という人もいるわけです。)


関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/1906-0b6c9167
| ホーム |