FC2ブログ
明日は「ゲド戦記」公開 <観には行きます>
2006 / 07 / 28 ( Fri )
明日は「ゲド戦記」が公開されます。
映画の応援として「となりのトトロ」が
金曜ロードショーで放映していました。

「トトロ」は何回観ても名作ですね。
「ゲド戦記」はまだ観ていませんが
かなり悪評が・・・正直恐い物見たさ、もある。

番組最後には手島葵が主題歌「テルーの歌」を歌っていました。
淋しそうなまでに澄んだ歌声。
映画はまだ分かりませんけど
この歌の良さは本当に良いなと思います。

・・・なんて事を書いてたら「千と千尋の神隠し」を
思いだしました。

歌声と言うのはなんだかんだ言って
いろんな物を左右する力があると思う。


蛇足

歌声で思い出したのだが
RPGの職業で「バード(吟遊詩人)」と言うのがある。
ゲームだと歌を歌って仲間をパワーアップさせたり
回復させたりと言う二次魔法的な存在で、
ファンタジーとかだと戦意高揚とか喚起とか
そういう「意識の盛り上げ」とでも言ったら良いのかと
言うような職業だ。

初めて聞いた時、正直「なんだそりゃ?」と思ってしまった。
歌うたって何で傷が治るんだよと。
まあでも調べたら勇気が湧くとか元気が出るとか
そういう事でもある。

人の声にそこまでの力があるかは、むかhしはちょっと疑問だったが、
日本には「言霊」と言う言葉もあるし、ある指導者の言葉で
国民が喚起して一丸となってというのも人類の歴史にはあるものだ。

歌声で人を惑わすセイレーンなんて
魔物もファンタジーには居る。

人の話で一喜一憂するなんてのも日常には存在する。

思う以上に「耳から声が入る」という事は
とんでもない事なのかもしれない。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2018-0278482a
| ホーム |