FC2ブログ
どうも知り合いさんが結婚するらしい。 <おめでとう>
2006 / 08 / 23 ( Wed )
どうも知り合いさんが結婚するらしい。
おめでとうございます。
常に忙しい人なのでそういう系統はどうなんでしょと思っていたが
ちゃっかりそんな縁が生まれているとは知らなかった。
本当におめでとう。

同世代がどんどん結婚しています。
田舎は特に婚期も早いし、都会で知り合った同年代の方でも
結婚する話はちらほら聞くし、ネットを見てても婚姻届が
どうたらと言う話も聞きます。

残念ながらと言うかなんというか、
私にはそういう縁が今の所ありませんが、
あせりは無いと言うか、あせっても仕方が無いと思う。

無い物は無い。
ただそれだけの事。

無い物をうらやんでも仕方が無い以上、
今自分のやるべき事を進めて行かなければなと思います。



むりやり結婚しても長い間を連れ添う以上、
そう簡単にヒョイヒョイ決めれる物でもないと思う。
何のために一緒にいるのか?居たいのか?

それは結婚が目的ではなく、一緒に長く連れ添う事が目的で
そういう相手じゃないと、多分途中で縁が切れてしまう。
そんな相手と適齢期を過ぎようとしているからと
一緒になった所で人生80年としてもほんの数瞬の出来事でしかない。

愛の風化した生活をした所で、そこに住む子供は地獄です。

結婚式の前で神父が述べる
「汝、健やかなる時も、病める時も」は
伊達じゃないって事ですよ。



今女性に縁遠いと思える部分で、
昔に家庭的な事情でいろいろ荒れたりして、
「あの時、もし」と思う事がたまにありますが、
まあ正味な所、腹立たしくも昔の事を蒸し返しても
始まらないし仕方が無い部分もある以上
そればっかり蒸し返していても仕方が無い。
腹立たしさは残る、でもそれだけではいけない。


結局今自分に出来る事をする事しかないわけで、
今ある事すら過去に捕らわれて台無しになってしまうのは
それこそ勿体無い。
不安に駆られ思う事もあるけれど、それはそれとして
今やれるべきベストを尽くして行く事がベストなのではと思う。
それは仕事だったり勉強だったり体調管理だったり、
本来やれているべき事が実は出来ていなかった事だったりと
探せばいろいろあると思う。


縁が出来ると良いなあと思いつつ、
今自分の出来る事をしっかり固めておかないとなと思います。


蛇足:
人の親がその親を恨んでその子供に悪影響がでる。
その子供が親になりその悪影響がでる。
これの繰り返しを「因果」と言う。

もし私が結婚して子供が出来たとしたら
そんな因果に巻き込みたくないと思う。
私の代で断ち切りたい。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2155-c29003dc
| ホーム |