FC2ブログ
「ロコロコ」を傾けて遊ぶ? <PSPにはありません>
2006 / 09 / 09 ( Sat )
ここ[痛いニュース]

個人的にこのゲームは発売前から
HPを見てて操作法を確認していたり、
CMで「LとRで」と言う部分から想像していたため、
こんな話が出ているとは露知らず。

CMで言わんとしている事は
「ゲームをしていると自然に体が傾く」
例:レースゲームとかだと熱中してGに引かれるような感覚

を目的としているのでしょうが、
PSP本体には傾きセンサーは内蔵されていません。

ゲームでその手のものをプレイしたい場合は
任天堂の「ヨッシーの万有引力」か「コロコロカービー」などが
思い出しやすい所です。(本体はゲームボーイカラーなど対応)

それすら本体側で傾き感知をするのではなく、
カセットに「傾きセンサー」が内蔵されているからこそ
傾きの感知が行なえるのであって、
現実の「本体の状態、傾き(=アナログ)」を
「ゲーム側(=デジタル)」に反映させるには、
センサー」(現実のアナログの動きを確認し、
デジタル情報に変換、ゲーム側に反映)が必要。

簡単に言うとUMDディスクではまず無理です。
(「続き」の方にだらだらと蛇足してます)

CMを観ていると

「傾きセンサーがあるかのように楽しめちゃう」

というのと

「傾きセンサーがあるのでそんな風な楽しめ方が出来ます」

では、まるで話が違います。

傾けて遊んじゃお!」では確かに誇大広告

「勝手に体が傾いちゃう」とか
コピーを付ければよかったのかも。


ソニーの逃げ道として
・「キャッチコピーとは短的に書く事が多い」
主語述語とかの主語(この場合「何が」の対象)が無い。

・「傾けて、転がして、遊んじゃお」のコピーは
「本体を」を表しているのではなく
「プレイヤー体」「ゲームの画面内を」と言う言い方になるのかな。

何にしても、言い訳くさいですが。


蛇足:

傾きセンサー

PSP本体とソフト(UMDディスク)だけじゃまず無理です。


上で「ソフト」と書きましたが

任天堂が行なっているROMカセットなら
センサーとROM(プログラム)と同時に
情報が受けれるよう設計できますが、
(傾き情報をリアルタイムで常に取得する事も、
ゲームプログラムも一括で本体で受け取れる)

PSPはUMD(ROMディスク)を使用しています。
ROMディスクは「すでに書かれてある情報(ゲームプログラム)」の
読み込みしかしないので、
もしPSPでリアルタイム情報が必要なゲームをする場合、
リアルタイムで情報を本体側に流し込む「センサー」が別に必要です。

※例えばROMディスクのみで、
リアルタイムの情報を受け取って、
ディスクに書き込んで、
さらに読ませるなんて事は
PSPは出来ない。

PSPに拡張ソケットとか有ったかすでにうろ覚え。

販売も含めて考えるなら、
そんなセンサーを別売で売りだして
ユーザーが買うかどうかも怪しいところ。
「PSPのユーザー層」という特化して考えるとさらに怪しい。
※割合的にはゲームのユーザー層より、
プレイヤーなどの使い方も踏まえライトユーザー層が多い。

開発費だって馬鹿にならない。
一回こっきりでは割に合わないと思う。

色んな変わったデバイスが時々出ているけど、
それが数回に渡って成功しつづけていると言う話は
まず聞いた事が無い。
(「EyeToy」とかあったな、そういえば)

まあ作ろうと思えば作れない事も無いけれど、
購買層を無視した「かなり割高」になっちゃうよと言う感じです。

幾ら面白くても、適切値段も重要ですから。


話が脱線気味なので元に戻して
関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2237-2a9ded91
| ホーム |