FC2ブログ
ガンダムAにスペシャルが <お笑い特集号>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
・・・ネタが「ガンダム」のみで、「お笑い特別号」って何気にすごい気が。

ところで「彗星ヒヨコ」って本当に大人気なんでしょうか。
「エンタの神様」にに出てくる、あの「白塗り奇声芸人」
(名前を出したく無い)並に大人気といわれているのが
信じられないのですが。

ちなみに作品割合では大和田先生の作品率が1/3ぐらい。
(頑張ってるなぁ)、何気にガルマの可愛がりっぷりが感じられます。
昔(アニメで)見たときは「この坊やが」とか感じていましたが、
安彦先生のオリジンのオリジナルストーリーを読むにつれて
結構印象が変わってきました。死んだのは生まれの不幸か。


・安彦先生も無理矢理?3ページでお笑い号に参加。
先生、シリアスだけじゃなくギャグもいけますよ!
下手なギャグ漫画よりも、すごく面白いので機会があれば
また読みみたいです。


・全般的に新人さんも面白い作品が多い中、
「左菱虚秋」という人が描いた「ガンオタの女」が面白かった。
ガンダムのキャラがギャグをやるのではなく、日常風景?を
ベースにしている所がちょっと目新しい。隠れキリシタンならぬ
隠れガンオタ(シャアオタ?)の女が巻き起こすギャグがいい感じ。
・・・それにしてもキラ・ヤマトの為に男を振る女ってすごいなぁ。
なんとなく居そうだし。


・中村カンコ作「ブライトまみれ」
絵柄でなんだか見た記憶が・・・と思ったら、
この人の同人誌持ってた。


・トニたけ先生のガンダム漫画
いちいち書く必要が無いぐらい面白い。
この特集号もこのために買った目的が大きいし。
ちなみに今回先生が使ったガンプラプレゼントもやっています。
全般的に面白いですが、特にレビル将軍の狂獣化したやつが
個人的には意表を付かれました。
(ララァとシャアのネタも捨て難いですが)
何回か同系ネタは見ているのですけど毎回が楽しみです。
昭和の特撮世代で育った者としては、
巨大化デギン・ザビ、ランボー化ブライトと「怪獣大戦争」っぽく
戦って欲しい所です。もはやもビルスーツ関係なし。


・「羽生生純」的ガンダム漫画
この人が描くガンダム漫画の独自路線はすごい。


予想以上に面白かったです。
作品数も盛りだくさんです。
季節節目でまた出て欲しいです。
関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2339-4e428f4b
| ホーム |