FC2ブログ
「赤松健の姿勢は漫画家として正しいか?」というスレ <是と非>
2006 / 10 / 01 ( Sun )
ここ
[ゴルゴ31]

発言の16、17の

>>16 名無しさん名無しさん :05/03/01(火) 12:46:23
>>ちょっと前にどこかのスレで書かれてたけど
>>赤松健は「漫画家」ではなく「漫画屋」だと。
>>
>>17 名無しさん名無しさん :05/03/08(火) 13:21:44
>>漫画をひとつの事業としてとらえれば、
>>彼は成功しているから正しいのです。

が、今まで上手く言えなかった部分を実に的確に
捉えていて、心のもやがスッとしました。

ちなみに「ネギま」と「ラブひな」も読んでません。
(「ラブひな」は1巻だけ昔買ったなぁ・・・、数話しか読まなかったけど)

絵柄はとても可愛らしく、さすがヒットを飛ばす漫画家さん
だなと思っています。

作品も個性、良も否も無く。


蛇足:

万人が万人にうける漫画は「ドラえもん」とか
「火の鳥」とかのような作品しかありえないと思う。
それですら合わない人はいるだろう。
合う事が理想ですが、無理に合わなくても良いと思います。

作者が描きたい事があり作品化をします。
人が求める本があり、それを購入します。
ヒット作とは求める本があり、購入された数です。

「作者の描きたい事」と「人が求める事」は
繋がっていそうですが繋がっていません。

それがブームだったりダイエット本だったりエッチい本だったりと
求める本があるから求める人が買うのです。

「ヒット作」とは実は結果に過ぎない。
関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2341-a1dc6e7a
| ホーム |