FC2ブログ
オタのままで居られない、のか? <それでも時間は流れ続ける>
2006 / 11 / 15 ( Wed )
仕事のため社会復帰してから幾数ヶ月。
オタ趣味ではない普通の、カタギの趣味の方と話す機会が多くなりました。
その中には普通の娘さんも居ます。
変な話になるが普通の趣味の娘さんと話すのも久しぶり。
(かといってオタな女性も無いが)

年齢的に「結婚願望ないんですか」とか聞かれますが、
そりゃ私だって人並みのシアワセってんですか?
そういう物に憧れはありますよ。
ついでに言うと本当に考えないと行けない年代にさしかかっていますし。

今はとりあえず仕事で成功したいというのが目標だから
独り身でもさみしいとはあまり感じないが、
同世代の人が最近結婚したり他の人は子供も2人3人と持っているので
あながちのんきにしても居られない。
そう考えると現実が近づいてくる。

さて一つ問題が起る。
オタ趣味をやめれるのか?

ここで一つ書かないといけないのは、
いわゆる彼らのいう「オタ」と
私の言う「オタ」は全く世界が違う。
彼らは未だにガンダムがヒットしている事でさえ
驚愕の事実なのだから。

そんな方に単語として「コミケ」「アキバ」ならまだしも
「同人誌」とか「ヴィネ」とか「ファースト(ガンダム)」とか
言うカードを出してしまうと一瞬にして引いてしまう。
まあそりゃ当然だ。

もう今では何とも思わなくなったが
さすがにヴィネとか女性に見せたら引くだろうなぁ。
昔女性が家に来まして
「ドーーしても部屋を見せてくれエロ本があってもいいから」とか
言われて「本トーに頼むから今度にして」といっても引かれずに
粘り越しで部屋を見せた。
漫画がごっそり置いてある部屋を。

引かれた。
(そんとき思いましたよ掃除しておくんだったって。)


それから数年経過。
オタな友達が出来て純度はアップしてしまった。
当方、ワンフェスデビューとかコミケデビューは
若者とは言いづらい年代になってからです。

まあそれは後悔はしていない。
会社では普通に当たり障りなくオタをカミングアウトをしている。
が、本当に濃い部分は見せていない。
彼らも見たいと思わないだろうし、
いわゆる協調性のある1社会人として話はしている。

が、どうだろう。
本当に彼女を作るとかそういう話になった場合、
今の趣味を見せれば人間的にいいとか悪いと言う前に
強烈な趣味がトラウマとしてインプットしてしまうだろう。
それでは彼女は作れない。

まあオタ趣味を止めてもいいだろう。
止めようと思えば買わなければいいだけの事だ。
たたき売ればいい事だ。

しかし楽しい事を止めて本当に生きてて楽しいのか?
そう考えると何のために結婚するのか?
子供を産んで(正確には「生んでもらう」だが)自分の遺伝を後世に残すため?
確かにそれは一生命として最優先ではある。

それのために生き続ける。
それも少し切ない。

それでも時間は流れ続ける
流れれば流れる分だけ年齢にハンディは積み重ねられる。
関連記事



ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2542-826eb3e2
| ホーム |