FC2ブログ
漫画「僕の小規模な失敗」の感想 <打ちのめされる>
2007 / 02 / 24 ( Sat )
この漫画は実にたまらない漫画です。
何がたまらないのかというと
実に主人公=作者の現実に
打ちひしがれる姿と
(大きな視点から見れば)
小規模な葛藤が
たまらなく侘しさを感じます。

小規模な葛藤と書きましたが
正直私も似たようなものです。
フツーに生きている人(私も含め)にとって
大規模な事件など無く、
毎日色んな小規模な事に
頭を悩ませて生きています。

人よりすごく秀でているのでもなく
体力も無く勉強も出来る訳でもなく・・・などなど
そんな何も無い、中で上手く行ったら
良いなと思いつつ現実は
もっと重くのしかかってくる。

どこにテレビで毎日流れてくるような
あんなトレンディー(死語?)ドラマがあるんだよ。


漠然とした中で生きている。

さすがに「ホームレスに憧れる」は
ないのですが、
すごく身近な細かなトラブルの中で
生きている、その侘しさとたまに起こる
突発的なことに流されつつ暮らしている。
そんな渋井お茶を飲んだあとのような
じわっとした渋みがすごくひしひしと読後に来ます。

前向きでガンガン毎日日記に
スケジュールを詰め込んで
突き進む人にはわかんない世界でしょうね。

作中で何気ない一言が
とても心に突き刺さるのですが、
その中でも次のセリフが秀逸。

>>
>>とーぜん連れ戻しにきたんだよな
>>・・・どーするべきか・・・
>>
>>まともに考えれば生活能力もないような
>>僕といるより・・・
>>彼女は実家に帰った方に違いない・・・
>>
>>・・・
>>・・・でも僕は・・・
>>彼女をはなさない・・・
>>
>>僕のために!!
>>

この言葉が心に残った。

[amazon]
僕の小規模な失敗


僕の小規模な失敗

関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/2881-ce0d0b3c
| ホーム |