スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「マネーの拳」とか読んだり <社員と会社>
2008 / 08 / 14 ( Thu )
「マネーの拳」の6巻を読んでいます。
すでに出ていたのが分からなかった。
※ビックコミックスペリオール連載(隔週2・4金曜)
http://bc-superior.net/
作者/三田紀房(みた のりふさ)
関連wiki

作者名でピンと来る方もいると思いますが、
「ドラゴン桜」「甲子園へ行こう」の作者でもあり、
この作品のテーマはズバリ「会社経営」です。

ざっくりとしたストーリーは元プロボクサー王者の
主人公「花岡拳」がレストラン経営などを行い、
中々うまくいかず試行錯誤していたところ、
ある日テレビ番組に呼ばれた折、とある
経営成功者の方に経営とは何かという話をする機会が
出来ます。
その折色んな事を吸収し、新しい事を始める機会をもらったり、
ひょんな事からアパレル業界に参入して業績を伸ばすため
ライバル会社の困難にも耐え・・・という試行錯誤ストーリー。

現在は会社上場編。

ドラゴン桜に限らず一度読み出すとおもしろいです。
というのも、この作者さんの作品がおもしろいのは
良かれ悪かれ、きちんと分かりやすく順序だてて
読ませるところにあります。

もちろんこのままやって成功するかといえば
うまく行く訳では無いでしょうが、
「これはこういう意味」「これはこういう意味」・・・

どちらかというとマニュアル本に近いエッセンスがあります。

あと登場人物はいわゆる特殊能力を持った
「スーパーヒーロー」ではなく
全て普通の人たちばかりです。

なので成功もすれば失敗もある、
色んな意見に流される。
その分親近感も湧き易いのがポイントで、

ただし10回に数回、「ああそうか!」と
いうひらめきがあり前進がある。
そこがマニュアル的な要素としての
読みやすさも加味されています。

なんだか店頭だと冊数がなぜか少ないみたいですが、
一度読むと次の展開が気になります。
まんが喫茶などでも置いてある筈ですのでご一読アレ。
手元に置いておきたくなりますよ。

おすすめ。


個人的にオーバーラップするのは
現在僕自身が小さな会社に就職していて、
会社の経営の近くに身を置いていたりするからです。
(まあ話を聞くだけになってますが)

実際はあまりかっこいい話も無く、自分の仕事に
支障が出るくらい他の仕事もやる事になり、
「自分の仕事がおろそかになっている」と
注意されるという状況。
(仕事の成績は担当部署の数字で評価されます)

そう考えると今の状況は割に合わないのですが、
独立などできる人脈や才覚もありません。
そういう意味でもこの漫画はスカッとしますね。

少し前の流行語の「勝ち組」では無いですが
独立してみたいと考える人は大なり小なり
誰しもあると思います。

ちょうどこの漫画の主人公のようなシチュエーションが
出てくるのかなと思うと、そういう人にとっても
興味深い漫画だと思います。


会社のことを考えるのは社員にも居るかもしれませんが
会社のこと「だけを」考えるのは創業者や
現社長クラスの人間ぐらいしか居ないんだろうなとか、

もしひょんな事で独立したら
今私が思っている事は
将来私が思われる事なのかなとか考えたり。

そういう意味でもこの漫画は「おもしろいな」と感じます。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<古いデータを整理しています。 <パッチョンボ~> | ホーム | 最近良く考える事 <歩き方>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3252-e7c1f466
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。