FC2ブログ
壁本具合というのを考えてみた <ぶんなげ>
2007 / 10 / 08 ( Mon )
今日たまたま「壁本」に付いて
ちょっと気になったのでメモがてら。
※後ろ向き文章が続くのでさらっと流してください。

壁本とは「壁に叩きつけたくなる面白くない本」の意味。

はてなダイアリー:壁本
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%C9%CB%DC

いろいろ読んでいると店頭で立ち読みチェックをしているのにもかかわらず、
後々じっくり読むと「うわ、しまった」とかどうしても出てくるのですが、
ふと読んでて「これってどれぐらいの壁本なんかな」と
思いついたわけですよ。

例えば270ページ前後の本で、1ページしかあまり面白くなかったとして
どのくらい役立ったのか、または壁ホントしたらどのくらい壁本度なのか。
(そんな本を買う方も買う方だが)

kabehon_img.jpg


単純な数字の式で出せそうと思ったが
いろいろ調べたりネットで教えてもらったりした結果
エクセルで作った方が手順的に楽と思い、表にしてみました。

数字の出し方は単純に

「(役に立たなかったページ)÷ページ総数」で
壁本の基本になる数値を出しておいて

「壁本度」は×100をして
「壁本値段」はそのまま数値を掛けている。

※役に立たなかったページは総数の部分から
役に立ったページを引いたものを入れ込んである。

見て面白いものではないのかもしれませんが、
「気になった」ということで。


<蛇足>

この式の質問をしたとき「何でそんな数値を出す必要が?」と
聞かれたのがちょっと印象的。

不思議なのかな?

たしかに何も生み出さない訳で
「そんなん考えて何かのプラスになるの?」的な考えなら
その通りだったりする。

ただあえて言いますと、
購入した側からすると楽しさを求めて購入したわけで
壁に叩きつけられるような本を購入をしてしまった
憤りや怒りがあるわけです。
値段が高ければ高いほど。

※ファミコンで言うとクソゲー

私にとってこの本はどれくらい壁に叩きつけたかったかと
数値化してみたかったのですよ。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3287-58640a46
| ホーム |