部屋を掃除して出てきた本が <壁本>
2007 / 10 / 09 ( Tue )
今日部屋を掃除していて読んでなかった本が
出てきたので読んでみたら壁本だった。

壁本とは?
「壁に叩きつけたくなる面白くない本」の意味。
はてなダイアリー:壁本
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%C9%CB%DC


内容はweb業界の本なんだが、立ち読み時点では
良さそうに思えたのだが、よくよく読んでみると
作者の与太話に終始していた。

どう壁本かと言うと
・作者の日常風景的な書き方が要点をえなくてどうも読みづらい
・いろいろ書いてあるが結局内容度合いが薄い
・結局これを読む事で何かに生かせるかというと、その部分がどうもよく分からない。

まあ唯一面白く思えたのはwebプログラマのレベルの分け方で

>>レベル1:メール送信フォームやアクセスカウンターを作れる
>>
>>レベル2:掲示板を作れる
>>
>>レベル3:データベースを絡めたサイトが作れる
>>
>>レベル4:ショッピングサイトが作れる
>>
>>レベル5:会員登録機能なども含めた統合的なサイトが作れる
>>

これすらざっくりな分け方だが
まあまだ分かりやすい。


それを踏まえて壁本度数を計算してみた。

[壁本計算]
ページ総数 270
役に立ったページ 1
値段 1500円

壁本度 99.6%
壁本値段 1494円

注意:あくまで私個人が読んで個人的主観で出した数値です。

トンデモWeb業界 Webサイトはこうして作られる
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3288-f5bb3078
| ホーム |