スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今読んでいる本
2007 / 12 / 10 ( Mon )
「汗をかかずにトップを奪え」
三田紀房(ドラゴン桜)の本。

「また出してるのか」と思いつつ、どんな
事が書かれているかやはり気になって
しまったので。

内容は、読んでいて何だかスカスカ感を
感じる、多分もっと縮めようとしたら
縮まるのではないかと感じる。
そういう意味では1200どれだけという値段は高く感じる。

ただし、全てが難しい事ではなく簡潔で
単純、そして「的を得ている」。
そこが面白い。

うまい事書くなぁ。

面白いと思った内容で「仕事は"ON・OFF"ではなく"High・Low"で考えろ」というものがあった。

これはどういう事かというと、
「仕事とプライベートをまったく切り分け
てしまうと、無理な切り替えに無駄な労力が
起こるし、逆にオフのふとした瞬間に
思いがけないアイデアが浮かんだりも
する。
真剣だからこそ常に気になるわけなので、
完全に切り替える事などワザワザせずに
少し意識を残したぐらいの方が効率が良い。

大まかにはそんな意味。

言われてみれば間違いではないと感じる。

ただしこれが良いと感じるか悪いと
感じるかは人それぞれ。

言葉というのは反論できる。
「言い訳と膏薬(こうやく)はどこにでも付く」と言う喩えがあって、何にでもそれなりの理屈は自由に付いてしまうと言う意味。
膏薬とは貼り薬の事で、自在に形が変わり貼る事ができる事から使われている。

ちょっと主旨が変わるけど、「盗人にも3分の理」とでもいうべきか。

結局良い事言われても、悪い事言われても、
信じる信じないかは自分であって、活かすか
どうかも自分次第。

良い事言われたと考えて、耳を貸すか、間違った事を言われたとして受け入れないか。

人それぞれとか言い出すと結局何がいいの?と言う話になりますが、
ただ一つ言えるのは、
何を言われても自分に活かせる人が良いのかもしれませんね。

とっぴんぱらりのぷう

関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3372-360e39a1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。