FC2ブログ
知り合いのデザイナーさんの話
2008 / 06 / 24 ( Tue )
個人でデザインをされていた知り合いのデザイナー、Mさんが、事務所をたたみ別会社に就職されると連絡があった。

詳しい理由は聞けずじまいだが、経営難なのか体力的なものか、他の理由か・・・。

何にせよ残念だ。
新天地で頑張ってください。

と言うのも私個人としてデザイナーの端くれとして、一人で食べていくのは憧れだし、何よりも私自身一人でやっていた事があったからだ。

(当時流行り風潮で独立デザイナーをする人は多かった)

結果はさんざんなものだった。

時間は不規則、定仕事があるわけではなし、苦手な営業活動もやらないといけないし、何よりも請求や経理がまるで駄目。

勤めていた時の蓄えや顔の繋がりで何とかやりくりしたが、無茶な〆切で短期でCD-ROM作成したり、そんな事ばかりしていたら体力もガタガタになっていった。

そもそも会社勤めでもそんな感じな生活が嫌で独立をしたのに大して変わらなかった。

才能やら向いてないやら言われるなら、それはそうかもしれない。

それでもすごい充実はしていた。自分の力で仕事を取ったり(正確にはツテだからでしたが)食べる事にやりがいはあった。

まあ世の中やりがいだけでは生きて行きにくい。

今更だが経営感覚とかバランスとかその辺の考えは誰しもが持っていた方がいい。(学校では教えてくれない事)

そういう意味では某村上氏は上手い事やるなとか思います。
その部分「だけ」は参考になる。

話を戻して、
そういう意味から今回のような話を聞くと少し寂しくなる。

人はパンのみで生きるにあらず、
しかし生きるのにはパンを食らう。

今勉強しているのはそう思うからです。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3698-611d7336
| ホーム |