スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
週末、まあ色々と
2008 / 07 / 22 ( Tue )
週末、まあ色々と部屋にこもって
連休中ずっと部屋にこもって本当に引きこもり状態でした。
まあ外出しても人は多いし暑いしなので。
あと、将来的にどうしていくべきか。

この週末は何をやっていたかというと
Tシャツのアップがほぼ大半。
逆に身体をまったく動かさなかったので
今後は運動もしなければなと思いつつ。

(もし独立などを考えるなら体調管理は
最優先で行なわなければならないし、
そのために目の前の業務も重要だが
維持は必然だから。)

ともあれ今はまずやらなければなければならない事が多いので
無駄な事はしなかったと思う。


たまたまのきっかけもあったが「銀と金」を集中的に読んだりして、
色々考える事もあった。

その一つにマンガを作るというのは
改めて絵の上手い下手だけでは
終始しない深い物だと思い返す事があった。
ナニワ金融道もそうだが、
他に追従できない内容を提供する事で
ファンが付くというのがマンガで
その要素は一つでは無いと言うことだ。

※この流れで良くと福本作品は絵が下手みたいな話になりそうだが
マンガの面白さを伝えるための必要水準の画力はあるので下手とは言い切れない。
絵柄の「個性」に昇華している事を付け加えておく。

マンガに限らず作品を作るとか物を成し遂げると言うのは
「どれだけ真剣か」という割り切りがなのではないかなとつくづく感じる。

確かに人により「理想」はあるだろう。
もっと話がうまくなってとか絵が上手くなってとか。
ただ、
上手くなる「まで」それは「いつ」なの?

ならば上手い下手は別として今できる事で結果を出す事が大前提。
ならば出来ないなりにできる事をやらなければそれは0に等しい。
頭の中に描いたもちは他の人に食べさせる事は出来ない。
だから形にして人前に出さないと、というのがまず前提。
そこで初めてあんた絵が下手だねとすら言ってもらえる。

こういう言い方をすると失礼かもしれないが
福本先生も今よりもっと絵が下手な下積み時代を
乗り越えたり、作風を変えたりいろいろしている訳で、
ヒット飛ばしている人でさえそうなのだから。

例えば漫画を描くなら
描ける描けないではなく、
描くためにどうするべきか。

同人を目指す訳では無いですが
試しに某同人絵をトレースしてみた。
080721.jpg

トレースでも全然アレですわ、差の開きが半端じゃなく。
オリジナルで描くってのは改めてすごいなと思いますよ。

簡単にサラサラっとうまく描ければ世話はないのだけれど
できる物を出来る形で早急にやっていこうと痛切に感じました。

そう感じ取れたのでこの引きこもった週末は
まんざら無駄な時間じゃなかったなと感じます。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Tシャツのデザインをアップしました <新旧> | ホーム | 気になっていた昔のコーラのCMを調べてみた <ブレードランナー風味>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3738-8ed8a562
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。