スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「ゲームを最後までクリアしない・・・」という記事を見かけて <忙中閑あり?>
2008 / 08 / 11 ( Mon )
こんな記事を読んでいた。

「難しい」「システムが複雑」「途中でさめた」 ゲームを最後までクリアーできないゲーマーが急増
[痛いニュース]


最近ゲームを最後までクリアしないというゲーマーがいると聞いたけど



「ゲーマーが居なくなった」のではなく「世の中がせわしくなった」のでは無いかと思う。
ちなみに「せわしく」は「忙しく」と書きます。

簡単に言うと色んな情報がいっぱい過ぎたり、不安材料が多すぎて
色んな事でゆっくりゲームが出来なくなった。

7~80年代だったら何も考えずに空き地で遊んでいる子供が多かった訳でしょ。
現代はもう小学校ですらお受験とか言ってオトナ社会の1階段を踏んでいる訳です。

現代社会は天変地異や戦争が起こったりして大きく変動しない限り、
学歴社会という社会システムが構築されたり
点数だったり昇格だったり色んな事で競争する以上、
スタート地点は早く、高く、大きな方が良い。

その方が効率がいいから。都合がいいから。
それは悪い事では無い。何事も前準備をしておいた方が
物事が有利に運ぶ訳だから。

でもその分、遊ぶ時間を捨てて準備時間に費やす訳です。
みんなでよってたかって競争して。

それをやらないと大半の人は収入を得難くなったり
そういう働き口しかなかったり、いい縁談がないだとか
どこぞの教育ママさんが口にしそうな状況になり易い社会になっている。


しょっぱい話、寝ずにゲームやれる体力も落ちているし
視力が落ちるのも恐いからそこまで目を酷使したくない。

世の中「ちょいとしたミニゲーム集で・・・」と言うのが売れるのも
そりゃ当然です。そこまでやりこんでいるよりも現実社会に時間を注ぎたいから。
いや、注がざるえない強迫観念がそうさせているというべきか。

誰だって資金潤沢な良い生活をしたいというのは当然の思いですよ。


あー、明日の事を考えずゲームやりたい。
でも考えちまうなぁ、「明日」。

畑でも買って時たま取れた野菜を売ってという
自給自足の生活というのが一番良いのかもしれない。
(近くで見ているけど人が一人で食うというのは
そんなに楽でも甘くも無いのですけどね)
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今日コンビニに行ったら | ホーム | PS3「北京オリンピック 2008」がファミ通レヴューで散々な点数 <14>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3777-b19819f3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。