スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
おっさんがぼやく「俺はまだ本気出してないだけ」(2) <中年>
2008 / 08 / 16 ( Sat )
サイト見る限り誰も取り上げていなかったので。
「俺はまだ本気出してないだけ」の2巻を読みました。

読んだ事が無い人も居るかもしれないので書きますが、
大まかなストーリーとして
主人公、大黒シズオは42歳のおっさんで無職。
バイトをしたり漫画家を目指すといきなり言い出したり、
自分の父親や娘に心配されたりあきれられたりしながら
グデグデ生きている中年。

この出だしの設定で夢もカケラも無く
読む気をなくさせそうですが
ひたすら切ない、
わびさびさえ感じます。

ゆるく努力したり、42歳なのに家出したり、行く所無くて夜中に
公園にいたら自分より年下の若い警官に朝まで説教されたりと
「努力したいんだけどうまくいかねぇなあ」という
グデグデが笑えつつも、
今の自分の状況にもいた部分があったりして
同類相哀れむ的な切ない。

周囲の人間もいろんな物を抱えて生きている生活感が
ひたすらたまらない。


いきなりワンピース描けといわれても描けないしね。
今後おっさんはどうなっていくのか。
地味に気になるマンガです。

似た系統?のマンガで「僕の小規模な生活」なども在りますが、
切なさは・・・若干こちらのほうが上かも。
(悲惨さはどっこいどっこいかもしれませんが)

でも将来的な不安を抱えるという意味では
笑えると言うよりなんだか共感する部分もあります。
関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<海外の新聞で日本の経営者は島耕作を見習えといっているそうな <どうだろう> | ホーム | 「エコ変えうぜえ」 <もったいない>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3799-cdbc5ae1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。