スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
PGガンダム製作記・その12 <レビュー編・その1>
2008 / 08 / 16 ( Sat )
いやー、ようやく完成しました。

前回まで
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10
その11

バンダイがいろんな物を込めて世に送り出したパーフェクトグレード。
では早速レビューに。

pg_h001.jpg


全般的に言えるのは他のキットと比べて
メカニカルディティールがすごくしっかりしている事です。
関節や可動部分のディティールがしっかりしてます。


pg_h002.jpg



pg_h003.jpg



pg_h004.jpg



pg_h005.jpg


足首
pg_h006.jpg


一見しただけで分からないギミックとして
脚部にショックアブソーバとしてスプリングが仕込んであります。

通常状態
pg_h007.jpg


ショック吸収
pg_h008.jpg


比較写真で並べてみると分かりますが、
このように沈み込みます。
pg_h009.jpg


モビルスーツが動く上で、高いところから飛び降りたりする訳ですが、
現実にパイロットが乗っているとするならそのコックピットは
単に高いところから落ちているだけという衝撃があるはずなんですね。
そのまま対処しなければミキサー状態で命にかかわるのですが、
そういう現実に設計されたならという設計をしているという訳です。
そこら辺のこだわりが作品としての完成度やリアリティーを増していくのです。
そこをしっかり表現するバンダイスタッフはさすがです。

続いてパーツごとのレビューに。

頭部
側面、上部カメラ部分の開閉が可能。
pg_h010.jpg

pg_h011.jpg


腕部
こちらも各所が開閉します。
今回新発見だったのが、前腕部に姿勢制御用の
バーニアが設置されていた事です。
こんな設定があったとは。
pg_h012.jpg

pg_h013.jpg


<つづく>
関連記事



ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マンガナツ100選定中 <今回は短編系> | ホーム | ブログ通信簿をやって見ました。 <2回>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3802-551e449d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。