スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ゲームは何のためにやる? <自問自答>
2008 / 08 / 22 ( Fri )
箱○テイルズ、レベルアップやゲーム内のお金をDLCで販売
[痛いニュース]

有料で「レベルを10アップできるアイテム」とか
「ゲーム内のお金(30万G)」を
メーカー自身がこれを出しちゃいかんでしょ。

これによりゲームなど夢とか楽しむとかそういった物が
単なるパラメータスイッチの入れ替えに作業になってしまう。
RPGとはそもそも経験値を困難の上に貯め上げていく事で
苦難を乗り越えていく事を「演じる」ゲームであると思う。

確かにストーリーさえ追えれば良いとか
そういうユーザー需要はあるのかもしれない。
時間も無い人もいる。

でもこの行為はメーカー自身が「経験値上げを
否定してしまっている=時間の無駄」と言ってしまっている行為にも見える。
メーカーが自分のゲームを一片でも否定してしまったら
ユーザーはそれ以上ゲームに対して価値を見出せなくなる。

人間楽な事があるとどうしてもそれを利用してしまう。

いたストDSの時にゲームクリア自身は自分でしたけれど、
アイテム稼ぎの時にあまりにも金額が高くて変えないアイテムを
思わずオートプレイで稼がせてしまった事があった。
アイテムは確かに貯まったけれど、あとでちょっと後悔。
愛着なんか湧かない。
結局使うのは安くて自分で買ったアイテムぐらいだし。

ゲームは何のためにやるのか。
何のためにクリアするのか。
その理由をメーカー自身がユーザーに渡せないと
ゲームが消えていく気がする。


そういえば先日「ファイヤーエムブレム」のDS版を見かけた。
ファミコン時代の「暗黒竜と光の剣」のリメイクで
「新・暗黒竜と光の剣」となっていろいろ改良されている。
確かに名作なんだけれどファミコン時代の1990年に出たゲームだから
18年も前に出たゲーム。買うのは結構「当時ファミコンで遊んだ」
ユーザーが結構多いと思う。

今の現役のプレイヤーはどうなんだろうか。
ゲームなど買うのは当時ファミコンで衝撃的なショックを受けた世代しかいない、
そういう事なのだろうか。

先日どこかの記事でDSの機能を利用して
鬼ごっこをしている話を聞いた。

今の人たちは「ゲームソフトを楽しんで遊ぶのではなくなってきている・・・」と
いうような兆候を感じた。


ゲームってなんだろう。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<たまにゃモスで | ホーム | 夜風が涼やか>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3813-de5fbcdc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。