スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
平行線の人間とどう向き合うか
2008 / 09 / 11 ( Thu )
どこにでも一方的に決めつけて
他者に自分を押し付けようとする人が居る。
何度もやめてくれと言ってもやめないようなそんな人間。
どうしたら良いのかとたまに困って疲れる。


いつぞやの「宇宙兄弟」の話で
宇宙進出批判論者に宇宙進出の説得をしようという回があったのですが、
それに似ている。
そして思っていた答えがちょうど書かれていた。

そんな人間に言葉で言っても無駄だと思います。

あと、個人的にめんどくさいんですよね。
そんな人間に労力を使って言葉で説得するのって。
特に僕は喋って説得するのが苦手でつかれますし。
一回で納得してくれれば良いですけど、
何の進展も無いのに2回も3回も同じ言葉を言うのは時間と労力の無駄ですよ。


じゃあどうするかというと
実際にやってみせればいい。

自分がやれればそれで良い。
その時事情があって出来なくても特に反論もしない。
まずは自分がどうできるか。


後は相手がどう変わるか。

やってみせたその姿を見せて
相手がだんまりならだんまりでいい。

わざわざ謝ってくれるなら
それは素晴らしい友達にもなれるでしょう。
その人は自分の言葉に責任を持っている人だから。

やって見せているのに変わらないなら、
たかだか「そんな」人間だから別に付き合わなくても良い。

単純な話です。


一番重要なのは、言葉そのものよりもっと奥にある「本質」であって、
どういう考えから始まって、その言葉が発せられているか。

その人間が批判するのは
正義感からなのか、
正義感をにおわせた目立ちがりなのか、
騒ぎを起こす事で金や利益を得ようとしているのか・・・などなど。

言葉が重要なんじゃなく
発せられる奥にある、その人間の根本が重要。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<素朴な疑問 | ホーム | ペッパーランチ>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3847-bbefe917
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。