スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
P2Pとコピーガードの果てに <購入客と見込み?客>
2008 / 10 / 14 ( Tue )
今日CD取り込みとかしてえらく時間を取られたり
いろいろ考える事があった。

かなり以前から
P2Pで売上が減ったとか色々ニュースや意見が飛びかたっりしているのは
誰しも一度は聞いた事がある話しだと思うが、
近年、個人的には実はそれは大きくは関係なさそうな気がするように思っている。

結局コピーやP2Pを使う人は、
そもそもお金を出してまで買う意志が無いのだから
結局はゲームやらCDを買わないんじゃないかと思った。
タダでやりたい、タダだからやりたい。
お金を払うのならちょっと考える。

もちろん無料でコピーする人も後を絶えないし、
物を売る側としてされればムカツク。
する方法が安易に流れていれれば誰だって真似はするだろうし
「その分の」売上は減るが。

それが全体の何割いるかというと3割ぐらいなのではないかと予想すると
その減ったとされる大幅な層の全てがそれなのかと考えると違うと思う。

躍起になってメーカーが完全にコピーが出来ない方法が将来完成したとしても
結局はそれでCDの売上が上がるかというと
上がるイメージが湧かないのは私だけでしょうか?

これは個人的な意見も交えるのですが
私はCDを購入するのですが、私自身は着うたのような
デジタルでの購入にはあまり食指が動かないのですね。
理由は物として残らない物には不安感があったり、
歌詞カードとかそういったものも欲しい。
ただしこの意見は少数派だと思う。

イメージながら
世間的な主流を考えると「手軽に音質はそこそこでいいから
その場ですぐにコピーできなくて良いから、好きな曲だけつまむ程度に聞きたい」という
考え方が多いのではないだろうか。

だからアルバムCDは売れない、数曲入りのシングルもいらない。
そこまで求める層が少ないから。(ファンならまだしも)
ほんとに1曲300円とかそういったぐらいの方が手軽でいい。


あとそういったソフトを使うとしても、流出騒ぎとかもう既に浸透している以上、
よっぽど慣れた人で無いと、そこまでリスクを回避して使う理由を持つ人が
「一般の方」にどれだけ居るのか?

日常で忙しい人はP2Pでいろいろやって探す手間よりも
アマゾンあたりでぽんとクリックした方が手っ取り早い。
結局普通に購入した方が早そうだ、というのは極論か。
(これは少数派?)


かなり偏った文章でなんでしたが、
結局買わない人は最初から買う気がないのではと思う今日この頃。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<HG・GN-X-IIIを作ったり <ランス> | ホーム | 「モチはのどに詰まらせるというのが常識」Tシャツ <時事ネタ>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3908-21fcbc90
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。