スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
OOのセカンドシーズンを見つつ <生き恥を晒して帰ってまいりました>
2008 / 11 / 03 ( Mon )
OOから目が離せない。
特にミスターブシドーのキャラが立って仕方がない所から目が離せません。

ミスターブシドーが「生き恥を晒した甲斐があった」と言ってましたが、
ファーストからセカンドに移るまでに何があったのか個人的に知りたい所。
トニーたけざき的に言うとコマ間。

グラハム「なんだかんだ言いつつ相打ちで敵(かたき)も
とれなかった!絶望した!自分自身に絶望した!」

上司「転属ね、後方支援とか新兵教育に行ってもらおう」

グラハム「なんですって!?」

上司「いや適材適所だし、君は良く戦ってくれたし楽な方へと、どっちか言うと栄転だよ?」

グラハム「私はガンダムと戦うために前線にいないと
いけないんです!と言うよりガンダムとしか戦いたくない!」

上司「君もなかなか困った人だね」

部屋を見渡し
上司「うーん、じゃあ、ジャパンかぶれになって、仮面被って
武者っぽい格好してミスターブシドーとでも名乗ってくれたら居てもいーよ」

グラハム「!」

で、数年後
(この間、基地内で女子オペレーターあたりにクスクス笑われる事もありつつ)

ミスターブシドー「生き恥を晒した甲斐があったー!」



そんなものじゃないかと。

ところで
個人的には酒に飲んだくれてやさぐれているスメラギさんに
たまらない物がありましたが、サイズが合わないのに
無理に着て入ってきたスメラギさんを見て「何のプレイだ」と思わず。


OOから目が離せない。
関連記事



ガンダム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<富野が語る <独演会状態> | ホーム | 某ドラッグストアにて>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/3937-9f4300c1
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。