FC2ブログ
銀のアンカー読んだり <三田イズム>
2009 / 01 / 13 ( Tue )
銀のアンカー(6)を読んでいます。
このマンガのテーマは就職活動で、既に就職している
自分に関係あるかと言うと意識的な部分で面白かったです。

私もアホだからこういう本を読んで真に受けやすいのですが

当時自分が就職する事を思い出して見ると
終身雇用制度の意識が強かった自分はに
会社入ってもう終了と言う意識が強かったのですが、
入る会社にも寄るし、会社としては入ってから育てると言う意識も
昔はあるのだろうけど、今は何がしか即戦力だったりそういった物を求められる。

若者は会社に入ること=ゴールと持っているのかもしれないが、
会社側としては新戦力でどう新しい活路を切り開いていくかと言う事が問題であって
その先どう伸びていろいろやってくれるかが重要な事に気付けるか。
そしてどんな利益をもたらしてくれるか。

中小になればなるほどそのウェイトは大きくなる。
就職活動がメインで描かれてはいるのだけれど、
結局はそれらは入ってからも必要な事で、
それをそのまま延々と続けていってくれる人の方がありがたい。
就職活動とは会社に入るための大人になって働く基礎演習か
もしくはその状態にまで期限内に自分を仕上げる制作活動なのかも知れない。

今まで義務教育や高校は何かをも5ら得る一方向。
今度は相手に与えないといけない。自分の情報価値を。
関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<この週末はのんびり <寒い> | ホーム | 大人になるとは何だろね <諸行無常>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4052-3e61231b
| ホーム |