スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ようやく嫌韓流を読了 <遅ればせながら>
2005 / 08 / 27 ( Sat )
色々話題になっていた漫画「嫌韓流」を
ようやく読み終えました。
感想:面白かった。そして興味深い。

これをそのまま信じてしまうのは
正直「ほんとかよ」と思えるほど荒唐無稽だし、
そしてありえないと思うような内容が満載。
この本読んで「韓国と国交を断絶しようよ」と
平気で言う人がでてくるんじゃないだろうか?
・・・と言うぐらい、実に腹立たしい事が行われている。
(日本を食い物にしようとしている部分が
すごく腹立たしいし、それを市民に知らせない
マスコミに悪意を感じられる。)


知らない(無知)と言うのは本当に愚かだ。
知らない人間を騙そうと言うのが卑怯なのか
知らないままでいる人間が愚かなのか。
それを非常に考えさせてくれる。

一度読んでみると面白いです。
・・・と言う緩いアピールでは足りないぐらい面白い。
まわし読みでもいいので一度目を通して欲しい。

あと、「韓国が」というより
「日本の内部が」腐りきっている感じ。
(「韓国も」と言うべきだが)
テレビや新聞のマスメディアや政治家、それらの癒着で
もうまともな報道は一般市民には来ないような
状況になっているのかもしれない。

「韓国側の意向を通すため何も知らない市民レベルを
生贄にして自分らは助かろう」と言うような
権力や利益を貪る、高すぎて見えない階級とか
そういった「霞がかった所」からの圧力の存在と言うか・・・。


「嫌韓流」公式サイト


蛇足:
危険だなと思ったのは、
あくまでこれは「この本から読んだ内容の一部」であって、
それが本当に正しい事か
真実は自分達が何も知る方法が無いと言うのが
危険だと思う。
そういう事は本当は生きていく上では
直接関係無いけれど、
情報操作によって目に見えない
支配をしようという人種がいる以上、
理論武装とかしておくべきだなと思う。


あと今現状のテレビ・新聞などのメディア体制は
正直存在する意味があるのだろうか?
本当に必要な情報を伝えないマスメディアが
一方的な情報発信をしていると言うのは
一方的な意図を踏まえた情報操作でしかない。
それが公共の民放電波で流れている事が
非常に危険なのに、それを止める術が無い。
これは国が公共性を損なうとして報道関係者を
厳罰注意してもおかしくは無い内容だ。

新聞・テレビと言うメディアがいけないのではなく、
新聞・テレビを作っている関係者に問題がある。
そろそろ新しいニュースソースが必要なのかも知れない。
関連記事

漫画 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/409-bbbc01e8
☆マンガ嫌韓流感想リンク3☆
☆嫌韓流の感想を書いているBlog一覧です☆    嫌韓流感想リンク2が多くなってきたのでその3を作りました 賛否両論いろいろあります。 これから買おうと思っている方、マンガ嫌韓流の評価が気になる方など 参考になれば幸いです あいかわらずアドレスのみの紹介です。m ADON-K@戯れ言【2005/08/28 22:01】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。