FC2ブログ
「昔のゲームは面白さ=価値だった、今のゲームは見た目だけ」論 <今ゲー>
2009 / 03 / 01 ( Sun )
ここ[ゴルゴ31]

「昔のゲームは面白さ=価値だった、今のゲームは見た目だけ」
という記事があったのでメモと言うかなんというか一言。

買い手のみの視点ではなく
作り手側も視野に入れて書いてみようと思う。

今のゲームと昔のゲームの大きな違いは
「処理速度」と「グラフィックスペック」。
作り手から考えるとそのツールを
それだけ敷居が上がったとは言える。
(跳ね上がる一方w)

ゲーム製作環境の割合でグラフィックというのが
何割の労力を割かなければならないのかがちょっと気になる。

それならば逆に「グラフィックはヘッポコでいいです」という状況下で
労力を無くせばどれだけ面白いゲームが作れるかも知りたいところ。

映像表現の上限は限界はないけれど
映像とはプレイヤーに情報を伝えるツールというだけであって、
面白さではないというのは今まで色んな方も書いている。
それが出来ないのはスペックがあるのにグラフィックヘッポコとか
中傷が起こる恐怖を抑えきれないからせざる得ないという縛り。
口や理論でそういっていても現実見ると違う意見が出るなんてのは、ざら。

今のハードのグラフィックスペックに付いて、
今のゲーム現役世代はどうとらえてるのでしょうね?

比較するためにあえてわざわざ中古屋で8bitゲームを発掘する必要もないけど。
(wiiヴァーチャルコンソールがあるか)


あと最後に
個人的にキレイ過ぎるグラフィックも何だか肩が凝る。
荒くて雑なbitゲーをやる事でなんだか癒される
感覚というものあると思う。

多分ゲームという物が昔だと面白いゲームを作りたいという
連中が作っていたゲーム環境から、

「会社組織になって組織を運営存続するために
ゲームという商品を売り出さない」といけないと言う所から
スタートしているから、その根本の「面白いという意味」の
意図がぶれちまっているような気がする。

「このゲームの面白さは○○です」という文章を書いて
空白の所にはっきり「ナニ」と書けるゲームが少ないのかもしれない。
それを見つけて追求したゲームは傑作に近づけるんじゃなかろうか。
関連記事



ゲーム | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<かへ | ホーム | ちょっと気になる男の死に様 <これが俺の生き様じゃい、見晒せみたいな?>>>
コメント
----

この考えかなり同意です。制作の敷居が高すぎて中小企業ではよほど運が良くないともう介入できないからまともな競争原理が働かない状態になってますし。後はテストプレーやる時間はしっかり確保してほしいです。一部の短所さえ何とかすればかなり化けたであろうゲームって最近すごく多い。
by: まあ * 2009/03/22 11:57 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントども--

コメントありがとうございます。
興味深く読んでいただいたようでなによりです。昔よりゲームが作りにくい世の中ではあるのですが、中小同士が経費分担する合同プロジェクトとか何か手段は無いかなと思いつつ書いてみました。
by: yasaka * 2009/03/22 14:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4163-3b891e6b
| ホーム |