FC2ブログ
うちの猫が教えてくれた事
2009 / 03 / 19 ( Thu )
うちの猫が帰ってこない
先日の日曜朝に外へ出てって、丸4日になる。
去勢もしているから旅に出る事も無いはずだろうし、
そこそこ年齢も取っているから車にひかれる事もなさそうだが
毎日帰って来たものが帰ってこないので心配になる。
以前も3日ぐらいと言うのはあったので可能性ならいくらでもあ
る。

今度は猫にGPSでも付けようかと言う話をした。
首輪は嫌がるだろうからマイクロチップとかの話になるだろうが
カラダに埋め込むのは嫌がるかもしれない。

それにしてもどうしても外を見てしまう。
死んでいるのか生きているのかもわからないので。
こちらが気にしてても帰ってくるのではないからさっさと別の事をした
いのだが
どうしても気になる。
さっさとひょっこり帰ってこい。

普段居たはずの場所にいるべき者がいないと、どうも今の場所が広く感
じる。
そう考えると家など単なるのような空虚な箱の様に感じる。

今年はいろんな事があるなあ。
今の会社に入って初めて鬱にまでなった。
自分の業務外の事の雑用に押しつぶされてつまらない。
毎日クレームの電話を聞いていて気持ち悪い。
胃も痛い。
眠れない。
今後の生活も明るい兆しも見えないから不安。

今回ネコが急にいなくなった事でふと考えたが、
幸せとは何だろうかと考えると
ただ働くとか金を稼ぐとか
そういう物じゃないなぁ。

家族や家庭を守る場所を作る事が幸せで、
それのために働く事が必要だから働く。
ただ今は自分で稼ぐ力も無いから就職せざる得ないし
働く場所も無いから働き続ける。
(これは雇い側も雇われ側も不幸せだろうね、お互いに。)

そう考えると島耕作的な会社出世物語は
少なくとも私の幸せではない。

諸行無常の言葉がある様に
必ず永遠ならざるものではないのだから
永続させる様に場所を作っていく事。
ひいてはそれを存続させれる様に、
場所だったり相手だったりと作って行ったり増やして行く事が
自分の幸せに繋がって行くと思う。


そうそう、
タイトルで"うちの猫が教えて「くれた」事"と書いたが、
読み方に寄ってはいなくなった事が確定にも読めるが、
そうじゃないので。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<顔に見える | ホーム | 全然知らなかったが>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4186-44bef6a8
| ホーム |