FC2ブログ
アメリカのハリケーンと日本の台風 <風が吹けばなんとやら>
2005 / 09 / 01 ( Thu )
ニュースでも大きなトピックとして
取り上げられているのが
アメリカのハリケーンと日本の台風の話題です。

特にアメリカのハリケーンは規模も大きく、
自然災害で避難すると言うのがすごいです。
CNN:ハリケーン特集
読売新聞

アメリカの基本方針は「自然災害が来たら逃げろ」という
方針とニュースでやっていましたが、
そのコースに石油プラントがあるため、
その作業が中断されるため石油高が起こると言う、
「風が吹けば桶屋が儲かる」じゃないですが
一つの出来事が何かの出来事に影響され・・・と言う
連環した出来事に奇妙さを覚えます。

ガソリンも最近給油しに行ったら
最近はかなり高くなっています。
※Googleニュース検索
ガソリン値の最近の値上がり続きは
それだけが問題では無いですが、、
石油高騰と災害と自分の日常が
リンクしていると言うのはなかなか面白く感じます。

とは言え、面白いだけじゃちょっと値上がりは
辛いため早く値下がりして欲しい物です。

ところで日本でも丁度もうすぐ、
かなり規模がでかい台風14号が来るそうです。
(先日台風11・12号がダブルで来るとか
来ないとか言っていたと思っていたら、もう)

デカイので当たらずに居られると言う訳にもいかないのでしょうが、
被害がほとんど出ないように留まって欲しいものです。



蛇足

ニュースを見ていたら、
アナウンサー(気象予報士?)が
「とにかくもうかなりデカいんです」と
コメントしていたが、
気持ちは判りますが、
もうちょっと他の表現法は無かったのかなと苦笑。

それはさておき、
今回のアメリカのハリケーンは「カトリーナ」と
言う名前だったのですが、
ご存知の人も多いのかもしれませんが、
アメリカでは台風に女性の名前を付けるのが通例だそうです。
私が生まれる何十年前に発生した台風にも、
ジェーン台風と名づけられた物があったりしたのですが、
当時の少年だった「さだやす圭(漫画家)」が
あとがきに「名前を勘違いしてた」と言う
エピソードを確か書いていた記憶が・・・
(なんと孫六の大判総集編だったと思うのですが、
押入れ奥にしまったため出すのが困難でした)

台風と言えば
昔、愛知に直撃した台風、「伊勢湾台風」もあったのですが、
少年時代「伊勢湾台風物語」とか言う名前だったと思うのですが、
アニメ映画を見た事がありますが、
正直な所「児童推奨アニメ」見たいな感じだったため
どうにも面白さが判らず(と言うより子供なため集中して観ていない)、
最後のシーンの人が流されるような災害シーンぐらいしか
覚えていません。

そういう規模の物もあるかと思うと、
なかなかのんびりして待っているのも
悠長な事なのかも。
それでも会社は出勤して来いと言うような
所もありますし。(所によってまちまち)

※正確には「来い」とは言いませんが、
暗に空気で示したり,
「休むの?」とか結構何回も聞かれますし。

台風が来てからじゃ「帰れない」から
遅いんですが(雨に弱い地域なんです)、
来る前は「仕事できる」と言う事から
休めない空気が。


台風が来る一時間前に
都合よく電車に乗れるわけでは無いんですよ。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/419-154f9aee
| ホーム |