FC2ブログ
仲良しマイミクとmixi側自身が考える結論 <出した答え>
2009 / 10 / 13 ( Tue )
そういえば先日mixiに仲良しマイミクと言う機能が追加されました。

091012nmiku.jpg

マイミクの中から特に仲の良いユーザーを絞って、
日記の限定公開を行なう機能だそうな。
まあ機能としてみれば良い方法だと思いますが、
逆にそれを選ぶとか選ばれているという考え方が
発生する要因になる方が大きいのではと思う。
それを考えた上での機能追加なのだろうか?


1.そんな情報あえて限定してまで公開しない方がいいような気がする。

2.そこまでネットの世界で機能を求めなくてもいいのではと思います。
むしろ自分が気を付けるレベルの方がはるかに安全です。
どんなシステムでもいつどのようなきっかけで流出するとも
限らないのはネットの世界に限った事でもない。

どうせなら彼氏マイミクとか限定専門を銘打ったネーミングの方が
割り切っていて良い気がします。
(別の問題が逆に出そうですが)


この仲良し機能を追加した事で、私自身はmixi側が
コミニュケーションに付いて一つの答えを出してしまったと思います。

そもそもSNSとは見知らぬ同士が知り合って仲良くなったりする限定的な場所であり、
マイミクって仲良くなりましょうと言う意味で広げるための物のはず。
それを限定すると言う事は、理由はどうあれで着ないと言っている物であり、
主宰側がSNSの限界を発表したと同意義なのだと思う。
限界は来ていたと思う、でも行動で示した。

理論や理想は色々あれど、現実の要因がそれを
空論とした(なってしまった?)証明なのではないでしょうか。

なんとなくペイ・フォワードと言う映画を思い出しました。


[蛇足]
ペイフォワード、揶揄する言い方を言えば善意のねずみ講。
ペイフォワードと言う世界を成立させるには参加する
全ての人間がペイフォワードの考えを持っていないと成立しない。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マンガ定点観測 | ホーム | 「今のゲーム業界に足りない物」スレ <開発側か購入者側か>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4473-51ab8ce4
| ホーム |