スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
精神は本能を超越するのか <精神か本能か>
2009 / 10 / 18 ( Sun )
そして、物語はおぱんつに敗北した。[マボロシプロダクト]


精神は本能に負けたと言う証明の一つですねw
(理屈ではなく本能)

でもよく考えたらぱんつは歴史の最初から(有史開闢)からあったわけではなく
歴史の中で保護装飾品として生まれたのであって、
必ずしも本能と言い切れないはず。

つまり日常の生活を続けていく上で

ぱんつは大事な所を守るために履く物>
大事な所と密接な関係がある>
つまり「=(イコール)orニアイコール」と同意義、
・・・とある種フェチ的な、もしくは性反射行動である
経験(訓練)が重なっていくわけですよ。

だからぱんつ見て今までの知識の蓄積から、
赤面したり思い巡らせたり硬直したりする。
ぱんつ「が」ではなく、ぱんつに対して「脳の記憶が」の反応。

何の知識もない赤ちゃんがパンツ見て、「ばぶー」と欲情する事など無い(ありえない)わけで
もしそんな事があったらその知識をも本能として子孫に伝達するような
遺伝が行なわれて行く事になる。

しかし、
可能性としてないことも無さそうな現象として
馬などの哺乳類が生まれてまもなく、何も教えてないのに立ち上がろうする行動は
遺伝子のデフォルトなのか長年の世代交代での知識か反射行動から
デフォルトとして関連付けられたものなのか。(※つづきへ)

同じにするなって?


[蛇足]



※進化と淘汰
例えば生まれたばかりの子馬が居たとして、

個体差などから
1.生まれてすぐ立つ行動を起こす
2.親に促されたりして立ったり立たなかったり
3.立たない
となどの個体差があるとする。

それで生存適性が高い個体が生き残る可能性が高くなり生き残っていく。
立たない動物は捕食動物にすぐ狙われやすいから必然的に個体数が減る。
生き残った動物同士でその個体の掛け合わせが立ちやすいものばかりだと
遺伝子デフォルトとして「生まれてすぐ立つ行動を起こす」物が残っていく。
これが進化。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ゲームやりたし・時間無し、な人はどうする <ゲームは死なない> | ホーム | wiiでエアロバイク型コントローラー発売 <可能性の獣>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4487-eabc1cb3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。