スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
11年3月26日、名鉄知多新線・新ダイヤ考察 <上り編>
2011 / 03 / 20 ( Sun )
11年3月26日に名鉄が新ダイヤに移行します。地元民として、その考察。
(3/20、画像追記)

〇上りの変更
・名古屋直通の特急の大幅復活。
・ただし通勤時の7時、8時に時間変更や普通のみの列車あり。

従来のダイヤ
nobori-before0325.jpg




新ダイヤ
nobori-af0326.jpg



考察:知多新線内海発の特急が復活しました。ほぼ1時間に1本。前回のダイヤで知多新線パッシング並の特急廃止シフトが元に戻った感じです。

※比較するとわかるのが新ダイヤには赤指定の部分があります。
これは特急列車のダイアで、始点~名古屋間を大きい駅のみ停車します。
無ければもちろん中級駅の停車し、乗車時間も増えます。
以前のダイヤ改正(現施行ダイヤ)では軒並みカットされました。

ただし全て戻ったわけではなく、早朝通勤時の6時~8時台は細かな変更があります。分かりやすいのが特急の発車時刻が早くなりました。7時台は約11分早くなりました。
あと8時台は全て普通に。こちらは(接続を全て見てませんが)河和発の快速通勤などに乗換をする意図だと思われます。
通勤時の早起きは特に冬など厳しい気もしますが、個人的に全体的に改善に見えます。(というより戻った。)


蛇足:急行の場合、設定される車両も重要で、
横並び7列の席で1時間30分ほども座っているといると、酔います。
進行方向2席組ならまだいいのですけどね・・・。

実は知多新線は内海海水浴場へのアクセスもかなり重要な役割になっていて、
夏場のみですが海水浴客も利用します。
大半が名古屋からの乗車になりますが、荷物を持っての急行乗車はかなりきついと思います。

名鉄の真意はわかりませんので個人的な予測になりますが、
観光客収益が低いとして、通常の通勤客用のシフトに特化したのではと推察しています。

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<11年3月26日、名鉄知多新線・新ダイヤ考察 <下り編> | ホーム | もんはん雑記 <3/19>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4857-a0e2d5ba
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。