スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
マンガ「いただきます」のごはんがおいしそう過ぎる <古マンガ紀行・青木幸子先生>
2011 / 03 / 28 ( Mon )
料理マンガはミスター味っ子世代です、なyasakaです。(挨拶)
押入れを整理していたら、古いモーニングが出てきたので紹介します。

今現在将棋マンガの「王狩」を連載されている青木幸子の読み切り作品です。
(ちなみに現在(11.3.28)連載している将棋マンガでざっと思いつくのは
「3月のライオン」や「ハチワンダイバー」」でしょうか。
王狩も特殊能力?による盤外戦もあり楽しい作品です。)

タイトルは「いただきます」

感想を一言でいうと
「とにかくご飯がおいしそう」です。


110328-001.jpg


主人公は
ストーリーは
のんびりした性格が特徴の惣菜屋「月代」さんや
その娘・星子が、お惣菜があふれる日常で
いろんな悩みを抱えた方がその料理によって
悩みが解消されていくという話です。


月代さん&娘・星子登場。
110328-002.jpg



娘さんは学校でお弁当を食べるのですが、
一つだけ悩みが・・・

それは
弁当が注目の的!

110328-003.jpg


お昼ご飯がうっとうしいw


そんなこんなでお弁当の御開帳タイム。
はい注目!

110328-004.jpg




こんなに凝ったお惣菜食べた事がない。
・・・というかヒスイニって何よ(><

※【翡翠煮】出来上がりが翡翠のような緑色になることから
空豆・グリーン-ピースなどを、青色を損なわないように塩・砂糖・だしなどで煮たもの。
(Yahoo辞書より)


(コホン)
さて、家族構成は母と娘の二人暮らし。
お父さんは・・・

110328-005.jpg



さらりと重い?青木流。


そんな家族構成が理由なのか、何気にいろんな
ドラマが発生。
母親が知らない間に男に目を付けられている?様な場面が匂わせたりと
連ドラ的なものがありつつ進んでいきます。



110328-006.jpg



お母さん天然!

110328-007.jpg




と、思わせて実は
悩みを抱えている人と会話をしていたのでした。
実は立ち寄っていた男は会社がつぶれて途方暮れていた所に
月代さんが声を掛けます。


110328-008.jpg


味気ない弁当を食べるもままならなかった所に
差し出されたのはなんとおにぎり。

110328-009.jpg




バトル系料理マンガにありがちな奇をてらったり
手の込んだ料理が出てきたりするわけでもなく
滋味にあふれるようなご飯が出てきます。

日常食べる食事を題材にするだけあって
常食とかさりげない食事が出てきます。


豪勢ではないけれど、手間をかけた美味しそうなおにぎり

110328-010.jpg



何も考えずただ、口に運ぶ。

110328-011.jpg




そして・・・


110328-012.jpg


110328-013.jpg




ぷはぁ!
110328-014.jpg


心にも美味しいごちそう。



ただこの男の奥さんも料理が下手なわけではなく、
手間暇かけた料理が作れるのです。

ただ・・・

「申し訳なくて顔合わせられないんだ」

110328-015.jpg



実は奥さんも同じように悩みを抱えていました。
旦那さんの心配が相談されないという悩み。

110328-016.jpg


一緒にこういう美味しい物を食べよう?

110328-017.jpg



110328-019.jpg>


イイハナシダナー
(ごめんなさい、茶化しているわけじゃないんです。
空気に耐えられなかったんです)




仲良き事は美しきかな。

110328-018.jpg



日常を表現する空気感や
食事を味わいながら食べていくコマ展開が秀逸。
たぶんバトルマンガだとテキパキバッサリと場面展開をしていくところですが
一コマ一コマが丁寧に描かれています。

言葉的に古いのかもしれませんが
「癒され」ます


あと、別の号で「茗荷」という食材をテーマにして
過去のトラウマを持つ青年が出てきたり、
これを含めて2作読みましたが、抱えている悩みが重い><
(個人的には好きなんですけどね・・・)


この作品は結構好きでしたが
残念ながら連載、単行本化されず、
イブニングで「ZOO KEEPER」や現連載の「王狩」に続いていくわけです。

(なぜでしょうね?日常過ぎたのでしょうか。)


普段コンビニ弁当とか近くの飯屋で、
「食事を取る」というより
忙しい最中、とにかく詰め込む・かっ込むという生活をしがちな毎日だと、
オリジン弁当とかスーパーでもいいので、食べたいお惣菜をゆっくり選んでとか
そういった事には憧れます。
出来ればこんな手間暇かけた惣菜店に行ってみたいです。

ちなみに
お茶を題材にした「茶柱倶楽部」を読みましたが
こちらもお茶の銘柄をテーマにしていろんな話が描かれています。
テイスト的にも似ていますので読んでみてもいいのではと思いいます。







さらにちなみに
「普段のごはん」を題材にして何がマンガを読みたいと思った方は
小池田マヤ「放浪(さすらい)の家政婦さん」もおすすめ。
こちらは主人公の女性は少し荒(すさ)んでますが(笑)

でも普段食べたくなるおいしそうな「ご飯」を見れます。

<ユーザータグ:古マンガ紀行
関連記事

漫画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もんはん娘 <ネットでチームを組んだ時> | ホーム | もんはん3rd雑記 <3/25>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/4866-e81f90ca
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。