FC2ブログ
相撲も千秋楽 <普天王もがんばれ>
2005 / 09 / 25 ( Sun )
今日で相撲も千秋楽。
正直な所こんなに相撲を自分で見ようと思ったのは初めてです。

やはり「琴欧州」が優勝できるか否かが注目です。
今場所は横綱「朝青龍」(昇竜と間違って覚えてました)が
初日に「普天王」にまさかの(失礼)1敗を帰すという
波乱が起こった。
以降
琴欧州は12連勝まで進んでいた物の
朝青龍はさらに黒星で「全勝対2敗」と言う流れが
直接対決で朝青龍が勝ちをもぎ取り
翌日も負けを引きずってか
優勝が掛かっているからと言うのもあってか
2敗同士で優勝を争い千秋楽を迎えると言う波乱。

できれば昨日琴欧州が勝ってかなりの割合で
優勝圏内でに近づけば良かったのだか
勝負の世界の「たら・れば」を気にしている暇は無い。
※13日目、琴欧州12勝1敗、朝青龍11勝2敗、
琴欧州が勝って朝青龍が負ければその時点で優勝が決定としていた。
横綱は勝つしかないと言う時点迷いが無く
吹っ切れていたのだろうか。

それにしても直接対決で琴欧州が横綱に
首投げされた後、寝そべっている形の琴欧州に対し
さらに抑えつけるような行為はなんと言うか
たまたま出てしまったのだろうが、
やらなくてもいいのにと思った。
結構腹に据えかねていたのかも。

復活できた勢いという事で上り調子の朝青龍。
それでも琴欧州にがんばって欲しい。

普天王も負け越しは決まっているが、
一番一番に大きな価値の違いは無い。
がんばって欲しい。


蛇足
朝青龍の生意気な発言について。
生来からの性格なのかもしれないが、
現状で彼より強い人が居ないのだから
仕方が無いと思う。
天上に自分より上がないというのなら、
いくら場外が注意しようと天狗になるのは当たり前。
(三国志だと蜀終盤のギエンとかそんな感じかも)

それでも自分を律する事が出来るならそれは人格者でしょう。

彼が強いのか、今の相撲界に人がいないのか。
子供の頃から草原で暮らしていたとか
そんな生活を送っているのなら
小さい時からの体を動かしてきた事が土壌なら、
外で遊ぶ人が少なくなってきている日本男児は
弱くなるってものです。


蛇足2
琴欧州はなかなかいい顔をしている。
昔の若・貴人気(懐かしい)よろしく
追っかけが出ているのかも。

そろそろ報道されそうな予感。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/488-e10e2b88
| ホーム |