FC2ブログ
TV「機動戦士ガンダム」2話目 <ファーストですよ>
2005 / 09 / 25 ( Sun )
いま「名古屋テレビ」で
「機動戦士ガンダム」の再放送がやっています。

2話目「ガンダム破壊命令」
シャアが出ずっぱりで名台詞が一杯です。
「認めたく・・・」
「当たらなければ・・・」
「見せてもらおうか・・・」
「似ているアルテイシアに・・・」

当然ながら?セイラさんが
「軟弱者」とか言いつつ張り倒しています。

当時は軟弱者と言う言い方だけが気になっていたのだが、
カイが命からがらザクの強襲を逃れてきたのが
精一杯で「残りの人が居ました?」と聞かれても
なかなか難しいと思います。
でも当時は普通に見てましたから当時の風潮では
これは軟弱者だったのかも。
いまだとセイラサンはすごくきつく感じます。
(カイのふてぶてしさは変わってませんが)

フラウが泣きながら情景を思い出しながら
生き残りの人を探すシーンも
涙を誘います。


今回の話はガンダムの説明と言う感じです。
シャアが敵から見た語り手というか。
「アニメ夜話」で「シャアは自己確認の男」とか
いろいろ言われてましたがそういう視点からも
考えるとなかなか深いですね。



名台詞の「ぼうやだからさ」のシーンを
今までは「ガキだから足をすくわれるのさ」という
視点で見ていたのですが、

「アニメ夜話」で「シャアは実はガルマが
友人として好きだったのでは?」という
視点がある事を言っていたのですよ。
そう考えると「殺さざるえなかった自分の落ち度」を
嘆いているシーンなのかも。

シャアは今までザビ家に今まで
追われながらも、一歩一歩足場を踏み固めながら
上り詰めて行って、ガルマとも一緒に同じ釜の飯を
食べた仲にもなっています。
ザビ家という事で好い気はしないのかもしれないが
何がしかの連帯感的な物が生まれていたのかも。

それが連邦のガンダムが急に現れて
かなり事体が急転した。

ララァまでちょっかい出されるし。
「戯言は止めろ」と言い出すのも当然って物です。
関連記事

ガンダム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/489-bf9c66c1
| ホーム |