スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
家のNASがぶっ壊れた・・・。 <Linux系?>
2015 / 10 / 24 ( Sat )
ハードトラブルには弱いyasakaです。(挨拶

唐突ですが家のNASがぶっ壊れました。
衝撃など与えた記憶もないのですが、電源が入らない・・・(TT

そこで色々調べました。
(この内容は解決方法ではなく体験記です。書かれている内容も曖昧な部分も多いです。
記事を読んでも一切自己責任でお願いします。)


今回壊れたものはIO-DATAのLINKSTAION。
RAID1にしています。

当初NASのRAID1形式にしておけばHDエラーには対応できると思っていましたが、
NAS本体のトラブルは予想していなかったです。
正直甘かったとしか言いようがないです。
(自己責任です、そんなマシントラブルには出会った事が無かったので)

ただ思ったのはHD自身が無事なら
つなぎ直してデータを見て復旧する事が可能なのではなかろうかと。

ですが、HDケースをそのまま繋げても開きません。
ここで勉強になった事。
→NASにはいろんな保存形式がある。

ここが無知でした。
そこで調べていくとLinuxベースで色んな保存形式がある。
そのうちのいくつかはソフトのインストール程度で開く事が出来る。
ソフト名「Ext2Fsd」
151024_NAS_001.jpg


インストールするといくつかのファイルシステムが確認できました。
EXT3、SWAP、RAW。
Ext2FsdはこのうちのEXT3を繋げる事が出来ます。

ファイルシステムを選択しダブルクリックを行い、
表示させるドライブ名を設定させて表示。

151024_NAS_002.jpg


151024_NAS_003.jpg


ドライブとしては認識しているのでHDは壊れていないように見えます。

ただこのままだとSWAPなどが見れないためその方法を調べないといけないのですが、
それにはLinux系のOS(KUNOPPIXやUbuntuと言うものがそれに当るそうです)で
CDブート出来るOSを用意して、CDから起動後ディスクを接続すれば読み込める可能性がある・・・
とか色んな備品やら機材やらが必要になる。

データ復旧サービスなども現在色々ありますが、
業者もNASは時価感覚で6万から10万という金額が出てきます。

これは流石につらい。
壊れてなさそうと言うものが実に曲者で、なんだか悔しいです(><
復旧のシステムをもう少し検討しないといけないなと思いました。

もうちょっと簡単に安価でリカバリできる方法が一般化しないかなと思いました。

アクセスするHDの割り振りとか分割化もいろいろ考えた方が良いですね。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<定期更新 <スプラトゥーンな日々?> | ホーム | WiiUパッドが動作がおかしい・・・ <近況報告もかねて>>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/5172-18cd1aa3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。