FC2ブログ
ソニーのCM <その巧さ>
2005 / 11 / 18 ( Fri )
テレビを見ていてプレステ系(PS・PSP)の
CMを見ない日は無い。

最近見たCMで「Talkman」というPSPのソフトが
あったのですが、それの作り方が非常に巧いと
改めて思った。

このCMには2種類ある。
一つはこちらを先に見たのがだが、
親子がソフトを使っていて楽しくお勉強という
学習用ソフトというアピールをしている。
有体に言えば「いかにも」なCMだ。

もう一つは
イメージCMである外国のトイレでPSP(Talkman)を使う男、
トイレでもゲームをしているのかと思いきや
PSPを足元の隙間から出して
中国語で「トイレットペーパーをください」と
呼びかけているCM。

その後、周囲多数のトイレ利用者が
一斉にトイレットペーパーを
上から投げ入れるシーンが!

起承転結もしっかりしているし、
ソフトの説明をした後にしっかりオチも付いている。

非常に巧いと思ったのは
ただ単にソフトの良さを説明しているのではなく
「このソフトを持っていると困った時に助かる」という
訴えかけができるという内容だ。

これは正直欲しいと思う呼びかけ方だ。
(PSPを持っていないのにそう思いました)

人間の購買欲は良いから買うというよりも
必要に迫られたから、逼迫する状況に負けて
買うという方が強い。

「高いブランド傘、より急な雨に降られた時のビニール傘」

その「無くては困る」というアピールが巧い。

しかもこのCMは一切の「人の台詞」が無い。
台詞がないというのはどの国の人にも
アピールできるというすごさを持つ。

パントマイムとか万国共通ですが、
「それ」を相手に伝えるのは
言葉にする以上に難しい。


物を伝えるという表現を仕事にした人なら
いかに端的に伝えるという事が難しいか解ると思う。

日頃の生活でも言葉の意味の
擦れ違いで勘違いする人もいると思う、
これならはっきり解る。

そう言う意味でCMの作り方や内容のチョイスが
洗練されていると思う。

細かい事ですがCMに起用する言語を
巷でありふれている「英語」ではなく
「中国語」にしているのも面白い。
簡単な英語の文面は
日本語として溶け込んでいるので
馴染んでいる反面目新しさが無い。

「音」としても新しい物を選ぶ事で
その希少さからも目新しい。
「へー中国語なんだ」と思う人が
どんな言語を使えるかと思ってみている時に
4言語(英語・中国語・韓国語に日本語)使える
と知ってさらに驚く。

ソニーのCMや広告はそこら辺が
全般的に色々練られている。
悔しいが非常に巧い。


蛇足:
なにかソニーのCMみたいな文面になってしまった。
まあ発信するというのは多かれ少なかれ、
「人に伝達する=CM」なんですけどね。

トイレをモチーフにしたCMといえば
かつて「Rez(リズム+シューティングゲーム)」で
そんなCMもあったが、Talkmanの内容と
伝える趣旨も違いますし。

※さらに言えば「Rez」に付いては「ドリキャス」と「PS2」で
売り出された事もあってか2種類のCMがありました。
ソニー系がトイレ。


今回のTalkmanは「ゲーム」というより
ツールとしての普及をより顕著に表したソフトだと思う。
誰もが思いつきそうだが、空港とかで
売り出せば(日本のみならず外国でも)行きがけに
買う人も当然出ると思う。

CMというのは「購買層に対してターゲットを絞る」という
何かにターゲットを絞った物なのですが、
このCMに限らず、その締め付けの具合が
非常に広い層にアピールできている。
しかもソニー製品・PSシリーズという事で
サウンドロゴとかも使っているので、
その商品ではなくても「ソニー製品の」「PSシリーズの」という
一連製品の連想も行なっているので
常に色んな商品のCMを行なっているような物です。

ソニーはその付加の付け方が巧い。

でも一般のCMで言えば、
奇抜なCMはクライアントが嫌がる事もあり
「まとも」な物を作る事が多い。
そこら辺を通す時にクライアントを説得するのは、
今までの実績(信頼)とマーケティングと
それをすぐに展開できる早さだと思う。

大きな会社だからできるという事も
あるのかもしれないが、
実現させるために大きな会社を
存続させているという事こそが
「力」なのかもしれない。

1球だけとんでもない玉を投げるより
幾らでも投げつづける事ができる体力。
それがソニーの本当の強みだと思う。

大きい体をしているという事は
誰の目でも見てわかる。
大きすぎて当たり前すぎて
誰でも分かる事だから誰も言わないが。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/647-e270963c
| ホーム |