FC2ブログ
ポケモン不思議ダンジョンノーマルクリア <気付いたら没頭>
2005 / 11 / 23 ( Wed )
「ポケモン不思議ダンジョン」を
ノーマルクリアしました。
気付いたらノーマルクリアするまで
手が止まらなかった。

一回毎が短いから
切り時を見失いやすい。

これほどまでにプレイしているのだから
面白いのでお薦めですぅ!・・・というのかと
思いきや実はそこまで言い切れるほどでは無い
気がします。

良作ではあると思いますので買って損は無いと思います。
ですが、従来の「不思議ダンジョン」からの
興味ユーザーが「大」満足するか?と言われると
若干「むうう・・」と口をつぐんでしまう気がする。

この「大」と言う部分が
非常に微妙な捉え方であって
個人の好みにも夜部分もあるので
一概に言い難い。

「シレン」ユーザー
(トルネコでもいいか)の人には
結構かったるい作業プレイになりやすいのかも
しれないというのがお薦めするか否かの
ポイントだと思う。

ゲームのクリアに関しては
とにかくポケモンのレベルを上げれば済む話になるので、
「敵の目をドキドキしながらかいくぐって」と言う
スリルは避けようと思えば避けられるため
感じられにくい。

ミッションをコツコツクリアしながら
レベルを上げておけば、
ほぼ大半のザコ敵には脅威が無くなり、
あとはいかにボスに行くまで能力の消費を
抑えれるかの「作業」になってしまう。
※ザコ敵に脅威を感じられたのは
天空の塔の最上階エリアぐらいだった。

食料さえ十分に用意しておけば
初めて行くダンジョンでも
ボス直前で経験値上げもできる。
「みとおしメガネ」(アイテム・敵の
位置を知る)なども使えばかなり楽。

運悪く強烈な偏った攻撃がこない限り
ボス戦で全滅する事も無い。


あとこの作品は
アイテムを活用して進まなくても
進めれる所が顕著に出ている。


武器を失う事は無いが
武器やアイテムを見つけて
すごく嬉しいと言う魅力も無く、
特殊な攻撃方法も「能力」に
ほぼ限定される以上、
面白味が薄れている。

「マンジカブラ+かまいたち+死神の鎌+・・・」という
武器の合成の魅力がない。
能力の使用にも回数制限もある。
(通常の「攻撃」のように、気兼ねなく攻撃できない)

「この手のゲームが初めて」のユーザーに
大切な武器が失われる苦痛を
味あわせてしまうと一気にプレイを
放り出される可能性もある。
(年齢が低ければ低いほど
その「可能性」は高くなるようなイメージも)

・・・と言うのが不思議ダンジョンシリーズに
思い入れがある個人的な意見です。

しかしこれが「ポケモン」が題材なら
話はまた変わってくる。
好きな能力を選んでPPの使用回数も限られているのは
ポケモンのゲームシステムとして当然。

従来単体で使用していた能力が
「連結」も行なえて攻撃できてしまう。

これはポケモンの世界に
世界観も崩さず順当に沿っている。

そう、
あくまでこのゲームは「ポケモン」なのだ。


ゲームとして
「不思議ダンジョン」寄りなのか
「ポケモン」寄りなのか?
そう考えると「ポケモン」寄りと思う。


上に並べたコメントは、
あくまで「不思議ダンジョンシリーズ」として
述べたコメントであって、
ポケモンの世界をメインにして考えた場合
そのゲーム内容は違和感も無くすんなりできると思う。


このゲームはあくまで
「ポケモンの」不思議ダンジョン風味ゲームなのだと思う。

そう考えると納得はしやすいが、
「従来の」不思議ダンジョンを思い浮かべる物としては
ちょっと物足りなさを感じる所です。

※「ノーマルクリア以降の変化」は
まだ体験していないので
「これから」いろいろ
出て来るのかも知れないが。
(「罠」とかでてくるそうですが)

むしろ本当の面白さは「これから」
なのかもしれませんが。



シレンシリーズの面白味の一つとして
店の商品をかっぱらってすごい勢いで武装強化させる


蛇足:

「ノーマルクリア」までで
不満なのはもう一つ。
店と泥棒の存在。

「溶岩のエリア(グラードン)」のエリアで
初めて店が出てきましたが、
特に罠があるわけでもなく、
脱出アイテムも無かったので、
泥棒をする事はしませんでしたが、
不思議ダンジョンシリーズに欠かせないのは
店のアイテムをいかに金を払わず収穫したり、
それで自分の装備を鬼のように急激に強化したりする
強化へのショートカットを見つけるかだと思います。

店との攻防はそれを味わえずして
「不思議ダンジョン」シリーズと
言えるのかと言うぐらいの
魅力の一つだと個人的には思います。

大部屋にしてから場所変えの杖、
カラクロイドの肉を食って落とし穴
もう忘れたが店主を変化させて何かと言うのもあったと思う。

不思議ダンジョン作品の「1セリフ」に
「カカ・ルーのほくそえみ・・・」という物があるが、
まさしくこの「ほくそえみ」こそ
「爽快」と言えるほどの不思議ダンジョンシリーズの
醍醐味の一つと言える。

常日頃は臥薪嘗胆、切磋琢磨、精進精進また精進と
四文字熟語を一つ一つ積み上げるしか無い
ような状況しか道は無く、
「これか?こうなのか!?」と思いつつ
仕掛けが上手くはまった時はしてやったりと
ガッツポーズまで出してしまうような
店の店主との攻防。

仕掛けが成功した時にはもう遅く、
後方から追いかけるような
「どろぼー」という無力な声。

このルパンと銭形のような関係を
体験したら普通にアイテムを購入する事なんて
馬鹿馬鹿しくなってしまいます。

不思議ダンジョンの魅力はアイテム、強化、そして泥棒。
もちろん個性的な敵の能力や人物も魅力ですけどね。


goo辞書:ほくそえみ
関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/667-2e1d6c09
| ホーム |