FC2ブログ
機動戦士ガンダム11話目「イセリナ、恋のあと」 <ファーストですよ>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
11話目「イセリナ、恋のあと」
なんと言うか今回は乾いた感じのお話です。

今回ダロタ中尉という人が出てくるのです。
まあ端役といえば端役、
一発キャラと言えばそんな感じのキャラ。
声を聞いていると、
なんとなく聞き覚えがある
声だよなと思っていたのですが、
ダロタ中尉=古川登志夫
カイ役の声優ではありませんか。

イセリナも聞き覚えがあるなと思いきや
潘恵子=ララァ・スンでしたし。

十年どころじゃない年月が
経過して初めて知った事実。
まあ端役を声のトーンを変えて行なう事も
あるというのはある話だそうなので
(経費の無駄遣いを減らす)

映画版(最近の話のZでは無くファーストの映画化)とも
また声が違うと言うのもあるそうですしいろいろなんですね。

個人的には統一して欲しい気もしますが
十分な理由があるのなら仕方が無いのかも。

・・・と思ったが劇中カイの登場はあるのに
一言しかセリフが無かったのは何だかなと思いましたが。
(それも「おおっ」とかそんな程度)

イセリナの声の抑揚はララァの「ため方」とそっくり。
そう考えると「ガルマ様の仇!」とか
「(アムロをやらないと)シャアが死ぬ!」とか
切実な女の人の役ばっかりですね。



・ザビ家さんち、葬儀で一悶着
デギンが自分の子供を国政のダシに使わせず
ひっそりと悲しみを噛み締めたいという心と、
長兄、長女が戦争でなくなった事もあるので
国葬として大々的に演出も踏まえようと言う心。
「公人」として行なうべきか、
「私」として悲しみを全うするべきか。。


ガルマ国葬、それを行なう事による
ジオン並びに連邦国民へのアピールは
絶大な効果を生む。

ジオン国民の命も責任を持つ以上
公としての役割を放棄するわけに
行かない以上NOとは言えない。
が、それは理屈などとして
正しいかもしれないが
正しい選択とも言い切れないと思う。

なぜならそんな一般の儀式に使う時点で
1個人で悲しむ事では無くなり
「儀式行事」に置き換えられてしまう。

ガルマの死。
失われた事を悼む父。
悲しむわけではなく利用する長兄

理屈で正しい事に取り繕っても
人の心は納得できる事など数えるほどでしかない。
心の底から言いくるめられたとしか思えない。

理屈が全てを結う優先されるわけでは無い。
理屈も踏まえつつ、理屈で割り切れない事を
ある程度は融通する事も情けだと思う。
(「武士の情け」とかあるでしょ?)

それが人の心だと思う。


・シャア、ルッグンで出撃。
モビルスーツに乗らないシャアと言うのも珍しい。


・ガウが落ちた後のシャアのセリフで
モビルスーツが使えなかった事に
しろと指示するシーン。
こういったシーンのシャアを見ると
知恵を働かせた知能犯と言うより姑息に見える。


・ガウがビームジャベリンで真っ二つ。
ジャベリンのビーム先に当たって
ない所まで真っ二つなんですが・・・。
しかもあんな真っ二つのされ方って・・・。



・アムロが最後で
「なんていう名前の人なんだろう、
僕を「仇」といったんだ・・・」
と言うセリフ。

すごく沁みるセリフですね。
戦争をしているのは知っていますが、
面と向かって「仇」なんて言われるまで
人殺しをしていると気付かない物なんでしょうね。

最近のアニメだと「エウレカセブン」で
主人公レントンがそんなことを思い知らされてました。



次回12話目「ジオンの脅威」
いよいよランバ・ラルが登場。
ハモンさんも登場。


蛇足

「ガルマ葬儀の打ち合わせ」の事を
書いていたら、ちょっと周囲にあった
ちょっとした事を思い出した。

屁理屈コネの人がいて
いつも自分が正しい、自分が悪くないと
しか主張しない人がいたのですが
それがギレンの主張の仕方を見ていたら
なんとなく思い出した。

その人のクセは「得する」とか「全員のため」とか
「物事の道理は私にある」と言う言い方をするのだが、
よくよく話を聞いていれば、
「正当性を蓑にして自分が労せず得したい」と
言う部分が見え隠れしている。

本当に全員のためになる事を考えていれば
自分自身が得する事など考える必要すらない。
まだ正直に「自分も得したい」と
ぶっちゃければ可愛げもあるが
変に取り繕うから話がこじれると言う事があった。

やけに正当性を押し出す人間と言うのは
裏には結構な確立で言い出せなかったり
訳ありな事も多い物です。

話がかなり飛ぶが「原発誘致の状況」と言う
話を聞いた事がある。

原発建設のため誘致に来た勧誘員が
予定地の人に毎日頭を下げ、
言葉を並べて必至に頼み込むのですが、
それはまあとても良い事尽くめ
だったりする内容を並べたそうです。

あるときその誘致先の人が「よしわかった」と
言ったそうです。

ようやく判ってくれましたかと
肩の荷を下ろそうとする勧誘員。

面白いのは次の言葉、
「そんなにまでして勧誘するのは
逆に疑わしい事がある証拠」だそうな。

ごもっとも。

まあ正直工事とかそう言うものが
始ってしまえばいざ約束が違う云々と言っても
止めようなど無いわけですよ。
特に一般市民の人が抗議しても
先延ばしにされるのが落ちですし。

それを先に予想したわけですね。

口約束を守らせるにも
守らせるだけの後ろ盾が必要。
関連記事

アニメ | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/685-29ee6ca7
| ホーム |