FC2ブログ
最近の知的バラエティー色々 <謝罪もあったり>
2005 / 11 / 28 ( Mon )
近年はクイズ系でもIQを高めたりするような、
知的バラエティ系や日本語バラエティが流行です。

昨日は「テスト・ザ・ネイション」もやってました。

IQ系の番組で見たものをざっと数えると
「三宅式国語ドリル」「島田検定」「サルヂエ」
他にも色々ありますが見きれない。

それぞれ番組は面白いのですが、
逆に出演者とかのやり取りで
どうにもいただけない所が
見え隠れするのは何とかならないだろうか。

例えば「テスト・ザ・ネイション」では
最近の古館さんの辛辣さと
小池栄子の言葉のきつさは
何とかならないでしょうか。

番組中、古館さんは堀江社長に絡みすぎ、
小池栄子は坂下千里子に絡みすぎ。

古館・堀江社長とのやり取りは
以前の選挙戦のやり取りを思い出せたので
まあそんな感じだよねと流してみていましたが、
小池栄子のあの司会はちょっと。

私は坂下ファンでもないのですし、、
番組中のカメラが寄る「度」に
アピールする姿を見ると鼻に付くと
考えるほうですが、
だからと言って番組中に必要以上に
絡んだ言葉をかけるのは見たくない。

お互いに仲が良くても悪くてもいいのですが
そんなことはカメラの映ってない所でやって欲しい。

生放送と言うのは人格が出ますね。

生放送がうまく出来ないのなら、
編集構成してちゃんとした番組にして欲しい。

司会者できつい事を言う方が
受けも良いし、面白いしと考える風潮があるのか
過剰な演出が過ぎる事が多い。
それも度が過ぎれば鼻につく。

変に出演者が過剰なやり取りをするのも
見ていて邪魔に思える時がある。
(IQエンジン並みの淡々さ(※)が欲しい)

そう考えると最近の良作は
個人的には「三宅式国語ドリル」でしょうか。
いかにもローカルっぽかったり、
予算的に他の番組よりも
低く作られている感じですが、
丁寧さとか質で考えると一番良質のように思えます。
派手さは無いけど、じっくり問題を楽しめると言う感じ。

※IQエンジン
十年以上前の深夜系のクイズ番組。
IQサプリの前身とも言える。
ひたすら問題の映像と答えが流れつづけると言う番組。
ゴールデンの時間帯ってどうも演出が
ごてごてしすぎるのは何とかなりませんでしょうか。



ところで
「島田検定」で「前回の放送で
歯科医師の裏話」と称して言っていた事が
今回の番組終了時で謝罪していた。
こんな謝罪シーンは久しぶりに見た。
結構な苦情とか圧力があったのかもしれない。

言っていた内容は
結構真実味あると思うんですが。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/686-c5d6a842
| ホーム |