FC2ブログ
師走・無点灯・ハイビーム <年末>
2005 / 12 / 02 ( Fri )
もう気付いたら12月です。
年末休みまでに終わらせるために
駆け足仕事が多くなっていく季節です。

まだまだ当分年内が続くような期になっていましたが
今年ももうすぐ終りです。
人によってはクリスマスイベントがあるから
さらにあっという間と感じる人も多いでしょう。

ちょっと街に買い物に行きましたが
今日は曇り天気な事もあり5時も過ぎれば真っ暗です。

平日ですが帰宅時間も重なって車が多い。
運転で後ろの車がハイビームを
やる人でまぶしいなと思いつつ、
道路では自転車が無点灯で
ペダルをこいでいたりと結構危ない。
あと初心者マーク付きの車も結構見かける。

ハイビームは確かに見やすいが
街中や街頭がしっかりしていそうな道、
有料道路のような道がしっかりしてそうな所で
そこまでする必要も無いと思うのだが。
(いずれも視界が本当に暗くて見づらいとか
変なイレギュラーが起こりにくい)

逆に対抗車線や後ろから照らされてこちらが見難い。
最近の車は変にライトが充実しているため
ただでさえ明るいのに。

あと街中でも暗い明りがない所でさえ
無点灯の自転車が危ない。
ライトを点ける理由は
自転車をこぐ人が夜道に危険がないようにするためと、
第三者(ドライバーなど)が運転中にその居場所を感知するため。
必ずしも自転車の人のみの理由で使うものでは無いと思う。

これを書いたのはカーブで路側ギリギリで
こいでいる人が結構危なく感じたため。
坂なせいかダイナモをつけるとペダルが重くなると思うが、
路側幅が広いのにもうちょっと端に寄って欲しい。
師走で寒く、ペダルも重い、さらに緩い上り坂・・・、
理由は色々あるだろうが言い訳に過ぎない。


蛇足
結構学生の人が2連3連の
並列になるシーンを見かける。
「撥ねれる物なら撥ねてみろ」と言う感じ。

守るべきルールも守らない人間が
ルールによって優遇されるのは
正直快く思えない。

彼らは相手に本当にスピードを上げて
撥ねられたらと思う事は少ないのだろうか?

結構相手の運転が危ないシーンや
また逆に危ない歩行者や自転車を見かけた事があるので
成るべく混雑する場所事態を避けていますが、
たまにトンデモ運転をする人もいるわけですから
日々を注意をはらうようにしています。

「起こるとは思えない」とは
あくまで自分の理屈であって、
別の人格が喜怒哀楽のどれかの感情なのかなど
相手の理由でしかない。

そして大半の事故や事件の体験者は
「起こるとは思えない」と耳をそろえて言うものです。
流れ星以下の遭遇確立とは思うけど
ニュースに事件のネタが切れないのはなぜでしょうね?

何がきっかけで起こるかなんて解りかねますし。
例えばヘッドホンの音が大きくて殴られたとか
度重なる歩行者の危ない歩行でストレスたまって
注意力が落ちるとか誰がババを引くかは運になるのかもしれません。

そこで「運だ」と言いきるのではなく
その確立を減らす方法は
微々たる物のですが間違いなくあると思います。
ルールを守る方法はあくまでその一つでしかありません。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/697-3299aca1
| ホーム |