FC2ブログ
「SDガンダム・ガシャポンウォーズ」感想 <良作>
2005 / 12 / 08 ( Thu )
この数日プレイして気付いた感想。

ゲームシステムとしては
かなり考えられていると思う。
従来のガシャポン戦士と大きく変えたのは
色んな賛否もあると思うが、
こういう方式も新しい試みとして
悪くは無いと思う。


バトルシーンも
前のシリーズで「最大7ユニット同時バトル」と
いう作品より1ユニット減ったが
最大3対3の戦闘や「伏兵」システムなども
さる事ながら、
じゃんけんの三すくみを攻撃のみではなく
ユニット相性にも組み入れていることで
なかなか戦闘にも幅が広がった。

戦略的にも強いユニットを重視するよりも
多数で攻めた方がかなり有利なケースが多い。

ユニットを幾らでも生産できなくなった事で
ユニットの重要性もかなり変化した。
従来のウォーシミュレーションゲームで使われる
前線で死ぬのを承知でそのままその場所に残すという
「足止め部隊・特攻部隊」というような使い捨ての戦法は
かなりユニットの無駄遣いになると思う。

ユニット数が固定されている事で
物量作戦で押し切られるという間延びした事態を
ゲームに出さない所はなかなか考えられていると思う。

ユニットで気付いたのは、
全ガンダムシリーズから追加しているというわけではなく
大半がファースト・Z・ZZの「宇宙世紀シリーズ」と
(EZ8等はこちらに含まれる)
SEED系の「平成ガンダムシリーズ」と
大きく2種類に絞っている。
(他はシークレット扱い)

W・∀・Gガンダムといった物は
大きくカットされた模様。
シリーズ化されて
やたら増えたキャラクターを
ざっくり分ける事で
世界観や構成やユニットを
判りやすくなったと思える。

人によっては賛否両論な点もあれば
個人的に明確な不満な点もある。

ルールが新しく大きく変わった事で
「シナリオモード」として
チュートリアルを一通りクリアしないと
新しいモードに進めないのだが
ルールを知ってもらってからではないと、
確かにゲームとして複雑な分プレイヤー側に
面白さを伝わらせる前にコントローラーを投げ出されては
たまらないとはいえ、10面超のチュートリアルゲームを
進めるのは少しキツイ気がする。

あとユニットはミッションコンプリートしないと
3つ手に入れられない。
自機の強化でひたすらそれをこなすのも
ちょっと辛い気もする。

・・・と気付いた所は数え切れないが、
色んな所が新しくなっているし
なかなか良作なので興味がある人は購入するといいかも。


蛇足:
確かにこのゲームはこのゲームで
面白いのだが、
従来のウォーシミュレーション系の
ガシャポンシリーズ(都市を制圧して
資金を貯め・・・というもの)も
なかなか面白いのでこちらも開発して欲しい。
関連記事

ゲーム | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/709-45f41959
| ホーム |