FC2ブログ
ちょこちょこ買い物に <漫画>
2005 / 12 / 27 ( Tue )
ふらりと買い物に行きました。
書店によって漫画とか。
他にも実は目当ての品があったのですが
文庫本とかは小規模な書店では品揃えが
在庫の関係からも少なめなので
売っていなかった。
大きな書店に立ち寄るか通販でも利用しようかなと思う。

探していた本は宮部みゆきの「ICO」
ちょうどゲームのプレイも終わったので
ちょっと前に話の種にもなっていた
ゲームのノベライズがどんなものかと気になったので。

「ICO」話はまた他で書くとして
「アフタヌーン」と「ガンダムA」など購入してきた。

「ガンダムA」はやはり
安彦良和の「ジ・オリジン」が面白い。
大まかなストーリーは解っているものの
それでも読ませる作りをしているのが
作家としての技量なんだなと思う。
今更取り立てて筆記する程も無いぐらいの技量。

そんな「ジ・オリジン」ですが、
この所の連載数回はアニメ化されていない部分の
今までだとバックストーリー的な部分の
内容に着手されている。
幼年期の「シャア・セイラ編」だけでも
凄いなと思っていたのにあれよあれよと言う間に
ジオンと連邦の各初期型モビルスーツの
初戦闘までストーリーが進んでいる。

個人的には
連載スタート時は正直アニメ化されているものを
漫画に描き直すだけで膨大な時間と労力で
寄り道をするとは思えなかったボリュームと思い
そんな事はほぼ無いと思っていたが、
あえてそれに着手してそして凄く面白いと言うのが凄い。
一読者から見て「年齢的にもキツイから
必要以上の作業はやらないだろう」と
非常に失礼な事を思っていたのが恥ずかしいぐらいです。

こうなったら最後まで描ききって欲しいです。

今回の話ではテム・レイがRX78の初期計画を
ようやく持ち出しました。
テム・レイはアニメでは数えるほどしか
出ていないのに、その数回ですら「技術者振り」というか
マッド技術者振りが凄かったのですが、
ジ・オリジン作中でもその突っ走り方が凄い。
逆にアムロのとぼけっぷりが実に親子でも対照的。
アムロと言えば「ニュータイプ的反応」とか
「脱走までする感情豊か過ぎな主人公」と
言うイメージが高いですが、
そういえば第1話の最初ではそんな感じでした。
そういうシーンの前後比較から考えれば
彼も戦争の被害的な存在なんだなと思えますね。


今月のアフタヌーン
表紙だけ大合作と言う事ですが
普通の年末恒例系の表紙と
大差が無いような気が・・・。
「爆音列島」がロケットに乗っているとか
色々趣向はありますけど。
そして「ヴィンランドサーガ」お引越し第1話。
こちらも主人公幼年編。
面白かったです。

まあ引越しと言う事は掲載誌が無くなるとか
言う理由以外ではあまり聞かない理由なので
これからちょこちょこネタとして
取り上げられる事実なのかもしれませんが
作品の面白さでしか返答できない以上は
それを続けて欲しいです。
今でも難しいなら他の連載作品よろしく
各号連載と言う形式でも十分なのではないかなと思います。

気になるの作品は一杯ありますが
とりあえず「げんしけん」。
数話前から続いているラブコメ編。
個人的には淡々とオタクライフを
過ごす若者の群像劇みたく
描いていて欲しい気もしますが
こちらもこちらでどういう結末に
するのか気になる所です。
(オタクライフに付いては
一通りは描いてしまったための
人物に焦点を絞った方向に
しているのかもしれないですが。)
次号クライマックス。
関連記事



漫画 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/750-fd6c52c6
| ホーム |