FC2ブログ
今日の相撲解説のゲストはデーモン小暮閣下 <録画忘れた>
2006 / 01 / 16 ( Mon )
今日の相撲の解説者は「デーモン小暮」です。
正式には「デーモン小暮閣下」です。
知っている人には知っているネタですが
正式な活動名がデーモン小暮「閣下」までなので、
アナウンサーの人も「閣下のお話を」と言う感じで
合いの手を入れたりと正直面白かった。

NHkのアナウンサーが芸名だからとは言え
「閣下」と付けて会話すると言うのは
どんなシチュエーションなんですか(w。

そういえば、故・本田美奈子も正式には「本田美奈子.」と
「.(ドット)」が付くのできちんとした
名称で呼ばないといけないとは言え
(そういう部分は個人的には気を使って
なくしても良さそうな気もするんですが)


相撲終盤には今までNHKには出られなかったとか
そんなやり取りもあって、
すごいざっくばらんと言うか・・・。
(しかもアナウンサーの方から話を振っている)

ただ一つ書いておかないといけないのは
デーモン小暮閣下が見た目があんな風貌だから
何を言うのかと思ったのですが、
かなり相撲に詳しいですし
話す内容も実に的確なものだった。
本人自身も相撲の大ファンという話をしていましたし。
検索して知りましたが相撲雑誌にコラムを書いたりと
すごく詳しかったのですね。



今日の相撲の取り組みは面白かった。
全勝は二人で一杯が横綱を含む二人。
2敗で琴欧州など他の力士が追いかける感じ。
横綱はなかなか崩れないですね。
場所も中盤、なかなか面白い展開。


ところで今回初めて「角番」
いう単語を知った。
相撲の世界で負け越したら地位が
陥落するとは知っていたが、
大関に上がった人は
負け越しが2回続くと
関脇に陥落するとは知らなかった。
さらに次の場所で勝ち越せば復帰できるという
救済措置もあるらしいが、
10勝しないといけないとはなかなか厳しい。

今回調べてさらに驚いたのが
横綱はそういうケースの場合は即引退だそうな。
さらに厳しいなぁ・・・

相撲という物が格闘技である以上
それぐらいの厳しさはあって当然なのか。

そう考えると相撲で引退する人は
もう体もぼろぼろという事ですから
結果が出ないというのは体重もありますが
仕方が無いのかも。
関連記事



日々 | トラックバック(1) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/804-9e987d31
No.232:物言い
?おはようございます。大相撲初場所が、両国国技館で開催されています。琴欧州の活躍で再び相撲人気が盛り上がりそうな気配ですが、昨日は、ゲスト解説にあの「デーモン小暮閣下」が登場したこともあるのか「満員御礼」となりました。芸能界一の「相撲通」としていられる「 !?【2006/01/16 06:25】
| ホーム |