FC2ブログ
「trackword」と不具合と <一筋縄>
2006 / 01 / 23 ( Mon )
「トラックワード」が上手く動作しないので
色々チェックしています。

「トラックワード」に問い合わせた所、
返事が返ってきた。
細かく書かれていたため
すごく判りやすかったです。


話によるとFC2Blogの場合2つのアドレスを
併用しているためアドレスが、
それぞれ認識しないために起こる現象だそうな。


例えばこのBlogのアドレスは
「http://blog9.fc2.com/hibisousou/」というアドレスでもあるが
「http://hibisousou.blog9.fc2.com/」というアドレスでもある。
※どちらからページを参照しても内容は一緒
それで片一方のアドレスでは登録しているが、
もう一方では行なわれていないため
上手く反応しないらしい。


ついでに書くと省略されている「index.php」という部分で
「http://blog9.fc2.com/hibisousou/」と
「http://blog9.fc2.com/hibisousou/index.php
というアドレスでも別認識されるらしい。

まあ確かにアドレス上では別の物ではありますが、
indexページというのは省略されるのが
もはや常識だと思っていたので
久しぶりに思いだしました。

確かに
「index.htm」と
「index.html」と
「index.php」と
「index.cgi(まあ実用ではほぼ無いけど)」とでは
別ですけどね。


仕組みがわかったので
すっきりしたがいろいろ分けて使うのは面倒。
上手く兼用できる方式は無い物だろうか。
とりあえず調べてみようと思います。
(この記事見ている方で、
分かる方が居たら教えてください)

※index(ページ)
ホームページに跳ぶ際に、
運営者側が最初のページとして指定する物。
考えている物。
表紙。

拡張子(「.」以下の文字)が違うのは
そのHPを作るための方法(言語、仕様)が違うためで、
閲覧者からすればたいした意味は無い。

「index」と言う単語を英和辞典で
調べると意味は「索引、目録、しるし、指針」
これを直訳式に考えれば、
日本語では「最初の表紙・目次ページ」と言う意味で

つまりHPを見ようとして跳んできた人に対して
「見せたい」とか「来て欲しいページ」を指す。

逆説的に見られてはいけないアクセスをされたときに
移動させるページでもある。

「誘導」するわけですね。
遊園地の係りのお兄さんが
順番を守らせたり、
順番をずるして抜かそうとする人を
移動させたりするように。


蛇足:

別に最初のページが「index」と
いう物でなくても実は構わない。
(サーバー設定でそうジャンプするように可能)
が、一般常識的にこの単語が
そういう風に使用されて、浸透しているので
そんな事をする人はあまり居ない。

色んな人に使って「もらう」以上は
色んな人にわかりやすい形で作るのが前提ですし。

関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/848-e67ed0c4
| ホーム |