FC2ブログ
なんとなくクラシックパンツを使ってみたい気分 <トリビアでもやってた>
2006 / 01 / 23 ( Mon )
某サイトさんを見ていたら
「クラシックパンツ」を思い出した。

クラシックパンツとは
「トリビアの泉」でも紹介されていたが
要は「ふんどし」の事です。
漢字だと「褌」。
この名称はメーカー側が女性が
恥ずかしがるといけないという事でつけた名称。

実は褌は機能性も高く、
その履き心地も良いらしく、
男性の睾丸の温度を快適に保ったりとか
見ため以上に素晴らしい物だったそうな。

そう考えると池上遼一の描く
「クライング・フリーマン」とかの履く
ブリーフは実はよろしくないのかとか考えがちですが、
もっともフリーマンの場合はパイプ(略)・・・

ともかく、
そんな話を聞いてから着用してみたいという
思いが沸々と湧いているのだが、
どうもなんだか
別になぜそんなに悩む必要がと思いつつも
なんだか日々が経過している。

正直他人の目を気にする小生としては、
まわりのリアクションが
ぎこちなくなったりするのがちょっと嫌です。

「グンゼパンツ(ブリーフ)」から
「トランクス」に移行した時は
そんなに反応も無かったじゃないですか。
それをふんどしという一般世間では
珍しい類に入るアイテムを急に履きだす事で

「この布、何~」
私「え?ふんどし」

「どこから探してきたのか」
「なんでまたそんな事を考え出したのか」
とか怪訝がられたりするとか、

近所のおばはんが干しているふんどしを見かけて
おばはんA「いやーね、あのお宅ってば
ふんどしなんか履き出してんですよ」
おばはんB「ふんどしですって、ほンとにま~何考えてん
でしょ、何か変な事でもやってんじゃない」
おばはんA「そうですよね、そんな感じするもん」

別に良いじゃないか、ほっとけよ。
ただ単に履きたいだけですのでほっといてください。
いや本当に。


ちなみに概念的に多いかもしれない、
いわゆる「赤ふん」とか「白ふん」とかのみではなく、
今では色んな柄の物が売られているようだ。
落ち着いたやつにしようと思います。


褌だけは綺麗にしておけとは
前田慶次の言葉です。


蛇足:

「米印だけは綺麗にしておけ」とは
モテキング太臓の言葉です。

太臓もて王サーガ - Wikipedia


関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/850-7c6f12fe
| ホーム |