FC2ブログ
メールソフト「Eudora7Win版」の発売が3月上旬に延期 <ライブドア>
2006 / 01 / 27 ( Fri )
ここ

メールソフト「Eudora(ユードラ) 7J for Windows」
発売が3月上旬に延期されるそうです。
発売元はライブドア。

ニュース記事の名詞に「ライブドア」が
入っていると証券取引法違反容疑事件の
余波かと思いがちですが、
普通に開発が遅れただけらしいです。

今なら「ライブドアのおかげで成績が落ちた」とか
「ライブドアのおかげで学校に遅刻」とか
「ライブドアのおかげでア○フルの利用者が大量発生」とか
そんな言い訳も出来そうな気がします。

できればそんなネタを「絶望先生」で見たいものですが、
あまりにも誰もが思いつきそうなため、
久米田先生は逆にやってくれないかもしれません。

「ベタ」と言わず「王道」と言いましょうよ。


それはさておき
今回のEudoraには「ウッカリ送信防止機能」が
追加されたとのこと。
まあ実装しないよりは実装した方が
エラーが少なくなると思いますが、
こういった機能も使わなければ意味が無いわけです。

例で言うと少し前の「株取引誤発注」の
報道が分かりやすいと思います。
数字入力でご入力を発注者が行なったのですが、
この手の発注システムには「送ってもいいですか?」と言う
注意表示が行動前に表示されます。

ですが、この手の発注者がいつもやっている事だからと
決定キー連打で特に注意表示など読まず、
そのまま発注してしまったからそういう値動きが
でてしまった訳です。

エラーメッセージが出たとしても
それをきちんとルールや意義に沿って
利用しなければ何重のセキュリティを行なおうが
意味が無いわけです。

心のセキュリティ管理が必要ですね。

と言いつつも、心のセキュリティ管理と言っていても
それは人類の歴史が始まって以来延々と
取り組んでいるテーマですから解決するのでしょうか?

「三国志」とか読んでいるとそんなシーンが結構出てきます。

クレオパトラの鼻が低ければ現在の勢力図も変わっていましたし、
銅雀台の歌なんか歌わなければ赤壁で呉・劉備連合に
負ける事は無かったですし、赤兎馬の恩で満足して置けば
貂蝉に引っかからなかったかもしれませんし、
楊貴妃をみなければ傾国なんてしませんでしたし、
妲己ちゃんの言いなりにならなければ死ななくて
良い人も一杯いましたし、
マタハリに(略)


蛇足:

・・・最初は関係ないと言ってみたものの、
今なら社長の指示と言っておけば
信用されるかもしれない・・・

ざわ・・・
「!」
今・・・初めて・・・
耳の後ろから音がきこえた・・・・!

ざわ・・・と言う音が。

とした音が聞こえるようだった。

言うんだ・・・
今言うんだ・・・!

今しか、今しかこの窮地を脱出する事は出来ない・・・。
このまま口裏合わせていれば、
証拠も少なく逃げ切れる事ができるはず。
そう話し合った。

しかし信用できるのか・・・?
地下現場45組同じ社内でプロジェクトを
進めて来た仲じゃないか。

裏切る・・・?裏切るのか?俺は、
奴らは裏切らない・・・裏切らないはず!
だが本当に、裏切らないと言い切れるのか・・・!?



口の中が乾く
言葉が、最初の言葉が出ない。
出せ、出すんだ。
今出さなくて、どうやってこの窮地を、
抜け出す事が・・・できるんだ!

「けっ刑事さん・・・

(以下略)
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/879-fab7d9f8
| ホーム |