FC2ブログ
大手サイトが <見る側・見られる側>
2005 / 05 / 29 ( Sun )
大手BLOGさんで炎上騒ぎ。
一応書きますが、炎上といっても
実際の火事ではなく、
あるコメントを書いたらそれが火種になって
賛成・反対とか意見がひどく燃え上がること。

好きなことを書くと自然に自分の意見=個人的意見になり
それがどう火種になるか飛び火するか分からない。

http://blog.livedoor.jp/uirou/archives/23367225.html
http://amanoudume.s41.xrea.com/
http://amanoudume.s41.xrea.com/cgi-bin/mt/archives/000340.html


智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
兎角に人の世は住みにくい。



夏目漱石の言葉ではないですが
ネットって難しい。

上記サイトの文中にありました
「荒れるブログの作り方」
確かに参考になります。


自分の好きな記事だけピックして
褒め言葉のみしかのせないというサイトなら
無難に行きそうですが(つまりアンチコメントは無し)、
主体性がないとか言われそうな気もします。
(まあ意見と膏薬は・・・と言うやつです)

>>荒れるブログを作るのは簡単である。
>>必須なのは荒らす事が可能な場所であり、投稿毎にコメント欄
>>とトラックバック欄がデフォルトで装備されているブログと
>>いうツールはその条件を満たしおり、ブログには荒れる条件が
>>全て揃っているといってよい。

コメント欄は正直恐いので外してます。
トラックバックぐらいは付けておいてもいいのかな
と思ってますが、大きくなればなるほど
些細なことでも火種になるようです。




大手サイトではないですが、トラックバックも
コメントも順調な方を知っています。
その人は自分の仕事の知り合いの方や
ネットで知り合った方と緩やかに会話を繋げて行ってます。
あまりネットを告知とかするのではないようです。

世間の急激な大きな流れとは全く違い、
必要なだけの緩やかに大きくなっていく。
そんな感じでした。

気があった人に口コミで、
今だとソーシャルネットワークと言うことなんでしょうか。




独り言
普通、池とか泉は地下で大きな川の流れとか水脈とかと
つながっているのだが、つながっていない存在を
なんて言うんだっけ。「ジュブナイル」とだと
思っていたんだけど、国語辞典では
「少年・少女。また,少年・少女向けの本」と言う意味だったし。
ああもどかしい。
関連記事

日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/88-4dd00aa3
| ホーム |