FC2ブログ
デジカメ整理中 <M.I.Q.>
2006 / 01 / 29 ( Sun )
002.jpg


本を整頓していたら
「M.I.Q.」が出てきました。

引っ張り出した時は
ちょうどライブドア騒ぎだったので
こんな漫画もありましたよと
乗せようと思ったのですが(略)。

この漫画が連載されていたのはかなり前。
全3巻の中間にあたる2巻掲載時期を見てみると、
掲載時期は2004年39~48号。
コミックスの発行時期は2005年の1月17日。

週刊漫画誌は50号近くまで年間に出ているはずなので
そう考えてもライブドアショックの1年前と考えても
遜色ないと思います。

株と聞くとどういう意味を持つ物と考えるのでしょう。

「株」というのは本来会社に対する資本の投資だったり
するはずなのに、この漫画では「デイトレード」を前面に
押し出していました。

株の本質を説明するのではなく、
儲ける手法としての知識を少年漫画誌でかっこよく、
さも面白そうに表現していました。

当時のネットでは大騒ぎ。
「影響受けてやりたがるやつも出て
くるんじゃないだろうか」とか
「MMRの再来」、「少年誌でこういう内容で
煽っていいものか」とか意見は色々。

まあ実際にそんな被害を受けたりした人が
いるかどうかなどは調べ様も無いですが。

まあ編集会議かネットの話題か
どちらが理由かはわかりませんが、
途中で「デイトレード編終了」ということになり、
「1口オーナー編」に突入しました。
当初のMMR並みの勢いは無くなり、
計3巻で終了という結末を迎えました。


時は流れて1年後、現実は
「ライブドアショック」を迎えました。
粉飾決済という事をするまで予想していたか
していないかの人はどれくらいいたかはわかりませんが。

ついでにジェイコム株ご発注によるジェイコム長者も出ました。

誰もがこんな結末をここまで
予想していたとは思いにくいですが。

粉飾決算による急落での資産被害は
人災に近いものですが、
そこまで落ちなくても、
そういった被害が起こる可能性は
普通に存在していると思います。

そこまできちんと「デイトレード」という物に
危険がはらんでいるという理解をしている人は
いたのでしょうか?

「株」自体は悪くないという論理を色んな方が口にしますし、
色んな本で「簡単!儲かる!株」という内容の本が
売り出されています。
個人的にも株自体が悪いとは思いません。
(株式会社で働く以上、スポンサーがあって
日々の経営資金が捻出できるわけですし)

ただこの理屈を聞いていると
銃社会の理屈と同じような物で、
「銃が悪いわけではなく、銃を使った人間が悪い」のような物で、
どんな理屈にもとって付けれる理屈はあるものです。
「膏薬と屁理屈はどんなものにも取ってつけれる」ものです。

そんな風に考えると
一番悪どいと思えるのは、
そういう含んだリスクをきちんと伝えないまま
本を出したりして儲けたり、風潮にした
メディアのような気がします。

そんな方々は「買う買わないは個人の自由」と
いうのかもしれませんね。
関連記事



日々 | トラックバック(0) | コメント(-) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://hibisousou.blog9.fc2.com/tb.php/898-4e703101
| ホーム |